Go beyond!
KITの学び

世界でここにしかない

KITのカリキュラム。

SCROLL

金沢工業大学(KIT)の4年間の基本的な流れを紹介。KITでは未来のイノベーティブ人材を育てる「プロジェクトデザイン」や、全国の大学に先駆けて本格展開する「データサイエンス・AI教育」など、ここにしかない独自のカリキュラムが充実している。KITでのキャンパスライフを通じて、それぞれの目標や将来に生きる学びを得てほしい。

実践の中で成長する

KITの4年間。

KITの学びは大きく5つ。中でも“学びの柱”となるのは「プロジェクトデザイン」「専門」で、数理・データサイエンス・AIや修学基礎、英語など3つの教育課程が“学びの礎”として脇を固める。KITでは1・2年次は基礎を固めながら「プロジェクトデザイン」で実践的な課題解決力を獲得し、3年次以降は「専門」と「プロジェクトデザイン」で自身の研究を掘り下げていく。多くの学生が4年間で大きく成長し、企業などから高評価を得ている背景には「課題解決力」と「専門性」を身に付けるKIT独自のカリキュラムがある


5つの学びの柱
01
プロジェクトデザイン
プロジェクトデザイン入門・Ⅰ・Ⅱ・実践、専門ゼミ、プロジェクトデザインⅢ(卒業研究)
チームによる問題発見、情報収集、問題解決のアイデア創出、作品制作やアイデアの検証などの手法を学ぶ。
さらに3年次には専門ゼミ、4年次には卒業研究へと学びを発展させ、研究成果は公開発表審査会で発表する。
02
専門
学科ごとの専門科目を学ぶ。
3年次には実践・演習の授業がある。
03
数理・データサイエンス・AI
データサイエンス入門・基礎Ⅰ・基礎Ⅱ、
AI基礎、ICT入門など
未来社会Society5.0をリードするうえで必要となる、専門分野に求められる数理基礎(数学・物理・化学・生物)、データサイエンス、AIの基礎を身に付ける。さらに4年間を通じてAIとビッグデータ、IoTとロボティクス、ICTと情報セキュリティといったデジタル技術が加速する次世代の社会を支える分野を専門的に学ぶ。
04
修学基礎
自己管理能力、文章作成能力、技術者倫理、日本文化、歴史、国際社会など技術者に必要な教養を身につける。
05
英語
日常・職場・研究の場において必要な英語のコミュニケーション能力を身に付ける。

成長を支える

年間スケジュールと

時間割。


年間スケジュール

KITは前学期・後学期の2学期制。各学期ともに約15週にわたり授業が行われる。夏期・春期休暇中には、AI(人工知能)やIoTに関する集中講義や、SRIワークショップなどに参加可能。ライブラリーセンターや夢考房、数理工教育研究センターなどのサポート施設は特定期間を除いて休暇中でも開館していて、年間約300日活動できる。


時間割
1時限
8:40~10:20
2時限
10:35~12:15
昼休み
12:15〜13:15
3時限
13:15〜14:55
4時限
15:10〜16:50
5時限
17:05〜18:45

授業時間は100分。1~4時限がメインの授業時間帯で、5時限には教職科目などが開講されている。

KITの学習支援
数理工教育研究センター

理数系の学びを

全般的にサポート。

理系の大学であるKITで、理数系の知識は必須となる。高校時代に理数系科目に苦手意識をもっていたり、専門に必要となる理数系の学びに不安がある場合に活用してほしいのが数理工教育研究センターだ。ここは理数系科目のサポートを行う施設で、支援のメインとなるプログラムのひとつが個別指導。授業でわからないことがあった日はセンターへ。実際に授業を行っている教員が、チューターとしてマンツーマンで丁寧に教えてくれる。そのほか理数系科目に関心のある学生向けの4つの数理考房プロジェクトが活動中だ。

個別指導(チューター活動)
数学・物理・化学・生物などの各科目について、個別指導で丁寧に教えてもらえる。授業内容に関する質問に対しても、チューターの教員が詳しく説明してくれる。
授業支援講座
授業の進捗状況に合わせて、演習を中心とした授業内容の理解を深める講座を開講している。わからないところをもう一度復習するために、この講座を活用する学生も多い。
数理考房プロジェクト
数学や理科に興味・関心を持つ学生が中心となり、さまざまなプロジェクト活動を行う。
理工学基礎プロジェクト/数検にチャレンジ!プロジェクト/物理プロジェクト/染色体解析プロジェクト

基礎英語教育センター(EEC : Essential English Center)

海外出身の教員と

気軽に話して

英語に慣れる。

ECCでは、英語のコミュニケーション能力の向上をサポートする多様なアクティビティを提供している。授業に関する個別指導、留学前の指導、教員と1対1での練習など学生一人ひとりの学びに応じた教育サポートを実施。専門科目と連携した活動では、Boeing Externship Programの参加学生のプレゼンテーション指導も行っている。英語を使った学生参加型オンラインラジオ「KIT English Podcast」や、社会・環境・生物持続可能性について調査する「Future Generations Project」などの課外活動もある。

Hi 5 English
Conversation Practice
週4回 17:00~17:30
英語教員と5分間のオンライン英会話ができるプログラム。フリートークを楽しみながら英語によるコミュニケーション能力を自然に高められる。
Mini-workshop
週1回 17:05~18:00
英語に関する知識や、異文化に関する理解を深められる内容など毎回異なるテーマのワークショップを開催。英語教員によるコンサートなどもあり、楽しみながら英語のスキルアップができる。外国人ゲストを招いた英語インタビューなども。
Eagle on Hilltop
週1回 15:10~16:50
学内イベントなどの行事を、英語のニュースレターで発信するプロジェクト。学生は英語をベースとしたインタビュー、執筆、編集に取り組む中で実践的な英語力を身に付けられる。学生主体だが必要に応じて教員もサポートを行う。