ホーム > 学科・課程・研究室に関するプログラム > 環境・建築学部

学科・課程・研究室に関するプログラム

学科・課程・研究室で実施しているプログラム

環境・建築学部

防災・減災プロジェクト

対象学生: 全学科
担当教員: 建築学科 後藤正美、西村督、山岸邦彰、須田達
プログラム概要

近年、多くの地震が発生し甚大な被害を及ぼしている。本学は野々市市と防災協定を締結し、非常時には、産・官・学・民が協力して減災を図ること推進している。被災時には、学生も市民の一人としての活動が求められるため、日常時から防災や減災に向けた活動・訓練することによって、より一層の効果が期待できます。
本プロジェクトでは、学生が主体となって、防災・減災を学ぶと共に、野々市市や市民とのコミュニケーションを図り、非常時の体制をより堅固にするために、意見交換会・勉強会や交流会などを行うとともに、色々な防災・減災対策を立案・提案します。

学生へのメッセージ

色々な災害について学び、発案する防災・減災対策が、将来の災害に対して有効に役立つようなプロジェクトです。君たちの発案したアイデアで、将来、多くの人たちを災害から守ることができるような活動に参加してみませんか。災害は色々な分野で発生します。学部や専門は関係ありませんので、多くの学生の参加を期待します。

ページの先頭へ

現場視察プロジェクト

対象学生: 環境土木工学科 1年後学期~3年前学期
担当教員: 環境土木工学科 徳永光晴、木村定雄、宮里心一
プログラム概要

環境土木工学の技術が、活用される実現場を視察し、授業で学ぶ事項の実践を理解します。また、社会の第一線で活躍する技術者と交流し、自身が志すエンジニアの理想像を描きます。さらに、レポートとプレゼンテーションにて、視察により得られた成果を報告します。なお、計画・設計・建設・維持管理・技術開発などの様々な現場の内、受講学生とのマッチングや時期等を考慮して、年間に数か所を視察します。

学生へのメッセージ

「百聞は一見に如かず」です。安心・安全・快適な市民生活の構築に直接たずさわる“魅力のある”エンジニアに接してみましょう。未来永劫の地球や人間社会の発展に貢献できる職業であることを、きっと自覚するでしょう。

ページの先頭へ

コンクリートのメンテナンス

対象学生: 環境土木工学科 1年後学期~3年前学期
担当教員: 環境土木工学科 宮里心一
プログラム概要

社会インフラを形成する主たる構造物である鉄筋コンクリートを対象に、延命化・長寿命化するためのメンテナンス技術を開発します。その際、産学共同研究に関連する現場視察や打合せに参画し、社会の第一線で活躍する技術者と交流したり、自身が取組む研究開発が活用される実態を知ります。

学生へのメッセージ

これからは、既設構造物の維持管理が、環境土木技術者にとって重要な業務になります。その技術開発に取り組んでみませんか!

ページの先頭へ

Cube(キューブ)

対象学生: 建築デザイン学科、建築学科
担当教員: 建築デザイン学科 下川雄一
プログラム概要

建築デザイン学科・建築学科の学生を対象に、建築CADを駆使した3次元の立体表現、およびCGによるフォトリアリスティックあるいは詩的な空間表現に関する技能向上を目指す。また、様々な建築やインテリアのデザインを学びながら、それらの表現技術を駆使して何かしら作品(紙面)制作を実施したり、デザインコンペに応募したりする。

学生へのメッセージ

授業でも2年生の後学期からCADやCGによる建築表現技術を学びますが、より早い段階からそれらを習得したい人、また、それらの技術を用いて自分の創造的活動(紙面作品制作やコンペ応募)を積極的に行いたい人の参加を待ってます。

ページの先頭へ

えこぷろ(エコ建築カフェプロジェクト)

対象学生: 建築学科 2・3年
垂水・円井・加藤未佳研の4年及び大学院生
担当教員: 建築学科 垂水弘夫、円井基史、加藤未佳
プログラム概要

建築学科の3年生、2年生の参加希望者を主な対象として、いしかわエコハウス及び金沢町屋の訪問及び実測体験を行う中で、自らが考える北陸のエコハウスを創造・提案できる能力とモチベーションを身に付けることを目標に、年間を通じたプロジェクト活動を展開する。年度末にはタウンミーティングを開催し、一般市民、自治体、建設業、ハウスメーカー、エネルギー業界からの参加者の前で、学生達が創造・提案するエコハウスを、パワーポイント、パネル製作、模型制作を通じて紹介・発表し、意見交換を行う予定である。また、当日の参加者にアンケート調査を実施して、本プロジェクトの活動成果の評価を受けることも予定している。

学生へのメッセージ

意匠的デザインばかりでなく、建築のシェルター機能と省エネ性能を理解してみたい2年生の参加を歓迎します。エコハウスは、これからの低炭素社会形成の一環として必要不可欠な存在であり、学生時代にこの課題に取り組むことは、あなたの建築技術者としての人生航路の北極星になってくれるかも知れません。

ページの先頭へ