ホーム > 夢考房プロジェクトプログラム

夢考房プロジェクトプログラム

夢考房プロジェクトは、グループ活動を前提として、学生メンバーが立案・調査・設計・製作・分析・評価という一連のモノづくりのプロセスを体験すると共にスケジュール管理、予算管理、組織運営を自主的に行う学生の創作グループです。ソーラーカーやロボット、人力飛行機、建築デザインなど14のプロジェクトが活動しています。

夢考房プロジェクトプログラム一覧

夢考房プロジェクトの詳細については「夢考房」のホームページをご覧ください。

ソーラーカー

対象学生: 全学科
活動場所: 夢考房(41号館) 2階 プロジェクトブース
活動時間: 月〜金 17:00〜21:00、土 9:00〜21:00

ソーラーカーは、光エネルギーを電気エネルギーに変換する太陽電池を搭載した電気自動車です。エネルギーを有効活用し、安全に安定した走行を可能にする最先端のレース車両の開発に学生主体で取り組んでいます。開発した車両の評価のため「DREAM CUPソーラーカーレース鈴鹿」に毎年参加し、2009年度はクラス8位を獲得しました。 私たちとともに、鈴鹿サーキットの表彰台を目指しませんか?現在、新車両を開発しているため、新メンバーの参加が大きな力となります。ソーラーカー製作を通して、あなたのアイディアをカタチにしてみませんか?少しでも興味のある方は、ぜひ一度、夢考房41へソーラーカーを見に来てください。

ページの先頭へ

エコラン

対象学生: 全学科
活動場所: 夢考房(41号館) 2階 プロジェクトブース
活動時間: 月〜金 17:00〜21:00、土 9:00〜17:00

エコランプロジェクトでは、限られたエネルギーの有効利用の限界に挑戦しています。私たちはガソリン1Lでの走行距離を競う「エンジンエコラン」と、モータを動力とし、規定時間内での走行距離を競う「EVエコラン」の開発に取組んでいます。エネルギー消費を抑えるために極限まで軽量化した車体、学生オリジナルのエンジン、損失の少ない電気回路など新たな技術と斬新なアイディアに挑戦しています。私たちのこれまでの最高記録は、エンジンエコランでは2487.1km/L、EVエコランでは2時間の走行で75.240kmです。日々の活動は学科・学年の枠を越え、楽しく行っています。知識や技術の有無は問いません。興味がある方はぜひエコランに来てください。

ページの先頭へ

人力飛行機

対象学生: 全学科
活動場所: 夢考房(41号館) 2階 プロジェクトブース
活動時間: 月〜金 17:00〜21:00、土 9:00〜17:00

人力飛行機プロジェクトは、子どもの頃からずっと想い続けてきた夢「大空を自由に飛びたい」そんな夢を本当に実現するために結成されたチームです。集まったメンバーは、皆、空への熱い心を持ったメンバーばかりです。日々の作業は、楽しいことばかりではく、苦しいことも辛いこともありますが、メンバー全員、夏に行われる鳥人間コンテストで笑顔になれるように頑張っています。私たちのプロジェクトは、学生生活を充実なものにしてくれることは間違いありません。大学で何をしようか迷っている君たち、一度私たちの活動を見に来ませんか?熱い情熱を燃やし、自由な空へ憧れを一緒に叶えましょう。

ページの先頭へ

ロボット

対象学生: 全学科
活動場所: 夢考房(41号館) 2階 プロジェクトブース
活動時間: 月〜金 17:00〜21:00、土 9:30〜21:00

私たちロボットプロジェクトは、「NHK大学ロボコン」に出場し優勝を目指す大学ロボコン班と、人との共存をテーマに自立型ペットロボットの製作を行うTeam_RIDの2班に分かれ活動しているプロジェクトです。ロボット製作の知識・技術を習得することが私たちの目標です。その目標を達成するため、自分のアイディアをカタチにしようと日々取り組んでいます。私たちと一緒に充実した日々を過ごしませんか。知識や経験がない人でも大丈夫。大切なのは、ヤルキとアイディアです。学部・学科は問いません。ロボット製作に興味がある方、アイディアに自信がある方はぜひ見学に来てください。夢考房41でお待ちしています。

ページの先頭へ

ロボカップ

対象学生: 全学科
活動場所: 夢考房(41号館) 2階 プロジェクトブース
活動時間: 月〜金 17:00〜21:00、土 9:30〜17:00

私たちロボカッププロジェクトは、自律したロボットを用いてサッカーを行うプロジェクトです。車輪を用いた「中型機班」、30cm〜60cmのヒューマノイドロボットを用いた「キッドサイズ班」、130cm〜180cmのヒューマノイドロボットを用いた「ティーンサイズ班」に分かれており、それぞれの活動を通してスキルアップを図ることができます。一緒に大会で優勝を目指しましょう。41号館2階ロボカップブースでお待ちしています。

ページの先頭へ

義手研究開発

対象学生: 全学科
活動場所: 夢考房(41号館) 2階 プロジェクトブース
活動時間: 月〜金 17:00〜20:30、土 9:00〜17:00
(長期休暇等は土曜時定)

私たち義手研究開発プロジェクトは、身体障害者の方の自立やリハビリの継続を技術的に支援する機器・装置の開発を目的に発足しました。現在は、事故や病気などで失った腕の代わりとなる義手をテーマとしています。そして、義手の中でも「筋電義手」という義手の開発に取り組んでいます。以前から福祉機器に関心があった方、少しでもプロジェクトに興味を持ってくれた方、どなたでも気軽に足を運んでみてください!待っています!

ページの先頭へ

建築デザイン

対象学生: 全学科
活動場所: 夢考房(41号館) 2階 プロジェクトブース
活動時間: 月〜金 17:00〜20:00

建築デザインプロジェクトでは、建築に関する知識・経験といったスキルの向上を目指して活動しています。主な活動内容は、建物の設計やプレゼンテーション、建築模型の制作です。活動が忙しい時期もありますが、充実した活動ができると思います。意欲のある学生を待っています。

ページの先頭へ

メカニカルサポート

対象学生: 全学科
活動場所: 夢考房(41号館) 2階 プロジェクトブース
活動時間: 月〜金 17:00〜21:00、土 9:00〜17:00

私たちは地震などの大規模災害時において、遠隔操作による要救助者の救助が可能なレスキューロボットの実用化を最終目標に日々活動しています。現在は、人が入れないような場所で要救助者を探す「探査型レスキューロボット」の製作・実験、また、市街地を模した6分の1スケールの実験フィールドにおいて、要救助者を模した人形を救助する「レスキューロボットコンテスト大会」への参加の2項目を主な活動としています。ロボット製作には、設計や加工、制御など様々な技術が必要なため、多種多様な内容を学ぶことができます。また、私たちのプロジェクトは、メンバー同士が親しく和気あいあいと活動できるのも大きな特徴です。

ページの先頭へ

フォーミュラカー

対象学生: 全学科
活動場所: 夢考房(41号館) 2階 プロジェクトブース
活動時間 月〜金 17:00〜21:00
土日休み(製作・試走を行う場合は有)

私たちフォーミュラカープロジェクトは、「フォーミュラカー」を学生自身の手で造っているプロジェクトチームです。活動は、マシンの企画・デザイン・設計・製作からテスト走行・解析・スポンサー活動まで、全て学生自身で行っています。そして、「全日本学生フォーミュラ大会」という大会に参戦し優勝することを目標に、机上の学問だけでは学べない体験を通して、技術力・人間力の向上を目指して活動しています。車好きの方はもちろん、車のことはわからないけどものづくりをしてみたい方、その他にもマーケティングやプレゼンテーション、Webページデザインに興味のある方など、男女問わず私たちと一緒に刺激的な学生生活をエンジョイしましょう。

ページの先頭へ

小型無人飛行機

対象学生: 全学科
活動場所: 夢考房(41号館) 2階 プロジェクトブース
活動時間: 月〜金 17:00〜21:00、土 13:00〜17:00

私たち小型無人飛行機プロジェクトは、模型飛行機の製作をメインに日々活動しています。屋内飛行機はもちろん屋外飛行機まで、自分たちのアイディアを形にし、それらを実際に飛ばすことができる環境が整っています。また、機体の製作以外にも「飛行機のシミュレーション」「制御機器などの開発」など、航空工学の知識向上を目指し活動しています。アメリカで開かれる「SAE大会」や国内で開かれる「学生室内飛行ロボットコンテスト」の2大会への出場を予定しています。航空機やラジコンなどに興味があれば、学年・学科を問わず大歓迎です。2大会での優勝を目指し、私たちと一緒に楽しく活動してみませんか。

ページの先頭へ

組込みソフトウェア

対象学生: 全学科
活動場所: 夢考房(41号館) 2階 プロジェクトブース
活動時間: 月〜木 17:00〜19:00、金 17:00〜21:00
土 9:00〜17:00

組込みソフトウェアプロジェクトでは、プログラムを可視化するための設計図の表記法やプログラミングを学習し、組込みソフトウェアに関する知識やスキルの習得を行っています。ETロボコンに出場し、毎年、課されるコースを攻略するために戦略を立て、信頼性の高いソフトウェアの開発に取り組んでいます。2010年には、ETロボコン北陸地区大会が本学で開催されます。現在は、地区大会での上位入賞、チャンピオンシップ大会出場を目指して活動しています。

ページの先頭へ

人工衛星開発

対象学生: 全学科
活動場所: 夢考房(41号館) 2階 プロジェクトブース
活動時間: 月〜金 17:00〜21:00、土 9:00〜17:00

超小型人工衛星開発の研究・開発を通して最先端の宇宙開発関連技術を習得することを目的として2012年11月に発足しました。本プロジェクトの最終目標は「KIT発の衛星を打ち上げ、運用する」ことです。第一段階として、制御に関する基礎技術を習得するためにCanSatの製作に取り組んでいます。CanSatとは規定サイズの容器にGPSや制御装置、パラシュートを納めた小型の人工衛星です。CanSatを用いて、与えられたミッションをどれだけ正確にこなせるかを競う能代宇宙イベントCanSat競技に出場します。

ページの先頭へ

RoboCup@Home

対象学生: 全学科・全専攻
活動時間: 月〜金 授業終了後〜21:00、土 9:00〜17:00

夢考房RoboCup@Homeプロジェクトは、急速に高度化する科学技術に対応するために、研究室が技術支援を行い、八束穂リサーチキャンパスで活動できる新しい形の夢考房プロジェクトです。
RoboCup@Homeプロジェクトは主に高齢者や幼児の生活を支援するためのロボットを開発(ハードウェア並びにソフトウェア)することを目的とし、研究開発の成果を検証並びに他のチームと交流を深め人間力を向上させるためにRoboCup@Home等の競技会に参加します。

ページの先頭へ