令和4年度 夏期集中講義 社会人の遠隔授業の受講について
1.科目の選択方法(単一科目と履修証明プログラム区分)
履修区分「単一科目」または「履修証明プログラム」のいずれかを選択してから科目を選択してください。
○「単一科目」区分の場合(夏期のみ)
・コース関係なく希望する複数の科目の履修申請が可能です。
・1人あたり2科目まで申請可能です。
・1期間ごとに申請を受け付けます。2期間分は受け付けられません。
○「履修証明プログラム」区分の場合(社会人対象:夏期・春期)
・「履修証明プログラム」は、コース内の科目を6単位修得することで
  履修証明書を発行します。
・ 1つのコース内の6単位分の科目の履修計画をまとめて申請してください。
「IoTとロボティクス」コースは夏期・春期の両期間で受講の必要があり
  ます。
・ 1期間に複数のコースは申請できません。また、単一科目区分と履修証明
  プログラム区分の重複申請もできません。
2. 授業の実施形態について
授業の実施形態は、キャンパスの講義室で受講する「対面授業」とインターネットのオンライン会議ツールを活用した「遠隔授業*」があります。本学学生も社会人と共に授業を聴講します。
・科目によって実施形態が異なります。「遠隔授業」と「対面授業」のどちらで開講しているかも確認してご応募ください。
 「遠隔授業」は自宅や会社からの受講となります。履修許可後に、遠隔授業を実施するURLをお知らせいたします。
・春期(2月~3月)に開講する科目の詳細については、12月頃にお知らせします。
* 遠隔授業における通信環境設備、通信費用については個人負担となります。

3.「遠隔授業」の種類について
遠隔授業は「リアルタイム配信型」と「オンデマンド型」の2種類あります。
対面授業と遠隔授業(リアルタイム配信型)を選択できる「ハイフレックス」の科目もあります。
リアルタイム配信型 オンデマンド型
受講方法 決められた授業時間に同時双方向型の授業を実施します。時間になりましたら、指定されるオンライン会議ツールのURLにアクセスして受講してください。 指定期間内に指示される動画を視聴し、授業を聴講します。途中でレポート提出や演習課題が指示されます。(質疑はオンライン会議ツールを利用します)
受講中の
質問方法*
・オンライン会議ツール内で直接マイクを使って話しかける。(聴講者全員と共有)
・オンライン会議ツールのチャット機能を使って、質問を入力する。(聴講者全員と共有)
・教員宛に個別にメールをする。
・オフィスアワー(授業時間外に教員が質疑応答の対応をする時間)にオンライン会議ツールを使って質問をする。
・教員宛に個別にメールをする。
*詳細については、担当教員より指示があります。

4. 遠隔授業の受講前の準備について
以下のものを受講前に各自でご準備ください。
・インターネットに接続できるパソコン
・Webカメラ
・マイク
・イヤホン(必要に応じて)
・オンライン会議ツール「Zoom」のインストール
・指定された教科書
・授業に必要なソフトのインストール

●パソコン、Webカメラ、マイクについて  
・オンライン会議ツール「Zoom」に接続できる状態にしてください。
・受講中は、教員の指示に従い、Webカメラやマイクの操作を行ってください。
・受講中は、イヤホンを使うなど周囲にご配慮ください。

●オンライン会議ツール「Zoom」のインストールについて
マニュアルをダウンロードし、インストールしてください。

●教科書の購入について
学習支援計画書に記載されている教科書は、あらかじめ各自でご購入ください。

●授業に必要なソフトウェアのインストールについて
・授業で必要なソフトウェアは、学習支援計画書に記載してあります。
・インストール方法等詳細については、履修許可後に通知します。

5. 通信障害等によって聴講できない場合
通信障害・不具合等によって授業の聴講ができない場合は、担当教員または事務局までご連絡ください。



ページのトップへ戻る