前へ
次へ
Society5.0社会をリードする「社会に価値を創出する人材」
Society5.0社会では、多くの「モノ」「コト」「多様な人々の活動」がデジタルで表現され、その相互作用からビッグデータが生まれ、AI・IoT・ICTが融合した情報技術の社会となります。そのため、製造業・サービス業・金融業・農業等の全ての業界において、これまでの業務形態が大きく変革することになり、AI・IoT・ICTを使いこなせる人材、これらを活用した新しい価値を創出できる人材育成が求められています。
金沢工業大学では、社会人が学生や教員と共に学びあう共創教育・研究を通して、Society5.0社会に向けて、AI・IoT・ICTを使いこなして、社会をリードする人材の育成を目指した教育プログラムを実践します。
AIとビッグデータ
AIやデータサイエンスを所属する企業の業務に導入・応用することのできる人材の養成を目指します。
IoTとロボティクス
IoTやロボティクスを活用した省力化・無人化・効率化等を所属する企業の業務に導入・応用できる人材の養成を目指します。
ICTと情報セキュリティ
AI・IoTを実践するうえで情報セキュリティは必須。ネットワークの構造やリスクを意識し、活用できる人材の養成を目指します。
東京・虎ノ門大学院特別科目(科目等履修生)4科目・年間4回開催!
「AIビジネス要論」「AIビジネス特論」「AI技術要論」「AI技術特論」
ページのトップへ戻る