新しい形の夢考房プロジェクト - 金沢工業大学
文部科学省「産学連携による実践型人材育成事業」の委託を受けて
夢考房 トップ 夢考房プロジェクト
トップページ 企業連携型のプロジェクト 進化する夢考房 進化には理由がある プロジェクト内容と実施 教育プログラム
トップページ > プロジェクト内容と実施方法
プロジェクトの内容と実施方法 従来の共同研究ともインターンシップとも違う、企業連携型の新たな夢考房プロジェクト。


そこから生まれるのは、
身に付けた知識やノウハウが目に見えること。
開発、展開させる、未来感にあふれた教育プログラムです。

企業の現場を見据えたアンケートなどから浮かび上がった求められる技術者像や、近年の産業構造の複雑化や専門分野横断型の開発プロセスが加速している現状に対応するため、これまでに金沢工業大学が実施してきた「夢考房プロジェクト」を運営する仕組みやノウハウを基盤として、「企業連携型の新たな夢考房プロジェクト」を、新しい形の教育プログラムとして開発し、いま始動させます。
今回開発し、さらなる展開を目指している教育プログラムは、企業と連携する点に特徴の一つがありますが、従来行なわれていた共同研究やインターンシップとは異なり、金沢工業大学と企業が連携して「共同教育」を行なうものです。そのため金沢工業大学と企業が教育目標を共有し、それを実践するための仕組み作りを行ないます。また教育成果として、企業の技術者が持つ知識やノウハウを身に付け、それを可視化できる形で残し、それを基に技術の伝承を行ないます。



教職員と企業の管理者および技術者による
「推進委員会」のもと、
1年次生から大学院生まで
多様な学生たちが参画し主体的に運営します。

このプロジェクトで開発する教育プログラムは、企業で製品開発する際の目標設定や設計、製作、実験、評価、改善等の一連のプロセスや、スケジュール策定と進捗管理、予算の策定と管理、会議運営や議事録管理等の関連する業務を、学生が主体的に実施し体験できるものです。またプログラムで実施するテーマは、複数の専門分野が関わるようなものとし、1年次生から大学院生までの多様な学生が参画し、学生が主体的に運営できる仕組みを構築します。
教育プログラムを開発するためのプロジェクトは、金沢工業大学の教職員と企業の管理者および技術者とで「推進委員会」(詳細は実施計画欄で記述)を構成します。開発する教育プログラムの内容は、産業界の技術者が製品を開発する思想や一連のプロセスを教育版にアレンジしたもので、学生が行なう活動プロセスに企業の技術者の視点と参画を求める「産学協同」で教育を行ないます。
学生は、キャンパス内の活動に加えて企業内での活動を行ない、企業の技術者が長年にわたって蓄積してきた知識、ノウハウを駆使し、新たなアイディアを創出して問題解決に取組む緊迫した活動を実体験して、目利き能力の育成を図ります。

ページの先頭へ
金沢工業大学 夢考房 〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-294-6749(内線3800)/FAX:076-294-6724 Copyright c 2017 Kanazawa Institute of Technology
金沢工業大学ホームページ