免許状更新講習

平成30年度 金沢工業大学 免許状更新講習

免許状更新講習に関するご案内

平成19年6月の改正教育職員免許法の成立により、平成21年4月1日から教員免許更新制が導入されました。
教員免許状を有効な状態で保持するためには、有効期間満了日又は修了確認期限の2年2ヶ月前から2ヶ月までの間に合計30時間以上の免許状更新講習を受講・修了し、ご自身で免許管理者に申請する必要があります。
詳しくは、文部科学省:教員免許更新制(http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/index.htm)などをご確認ください。

1.はじめに(受講申込にあたって) 

免許状更新講習は、受講対象に該当する者のみ受講することができます。
更新講習の受講対象者(講習を受講できる者)は、普通免許状又は特別免許状を有する者で、以下の(1)~(12)に該当する者です。

受講対象者

  1. 現職教員(校長、副校長、教頭を含む。ただし、指導改善研修中の者を除く)
  2. 実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員、養護職員
  3. 教育長、指導主事、社会教育主事、その他教育委員会において学校教育又は社会教育に関する指導等を行う者
  4. (3)に準ずる者として免許管理者が定める者
  5. 文部科学大臣が指定した専修学校の高等課程の教員
  6. 上記に掲げる者のほか、文部科学大臣が別に定める者

また、今後教員になる可能性が高い者として、

  1. 教員採用内定者
  2. 教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リストに登載されている者
  3. 過去に教員として勤務した経験のある者
  4. 認定こども園で勤務する保育士
  5. 認可保育所で勤務する保育士
  6. 幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設で勤務している保育士

も更新講習を受講することが可能です。

<参考>
【平成21年3月31日以前に授与された教諭免許状又は養護教諭免許状を持つ方(旧免許所持者)の修了確認期限】

平成31年3月31日が修了確認期限となる者
生年月日 最初の修了確認期限 免許状更新受講期間
昭和38年4月2日~昭和39年4月1日生の方 平成31年3月31日 平成29年2月1日~平成31年1月31日
昭和48年4月2日~昭和49年4月1日生の方
昭和58年4月2日~昭和59年4月1日生の方
平成32年3月31日が修了確認期限となる者
生年月日 最初の修了確認期限 免許状更新受講期間
昭和39年4月2日〜昭和40年4月1日生の方 平成32年3月31日 平成30年2月1日~平成32年1月31日
昭和49年4月2日〜昭和50年4月1日生の方
昭和59年4月2日〜昭和60年4月1日生の方

※修了確認期限を延期している方は、免許状更新講習の受講期間は延期後の修了確認期限から起算する必要があり、受講期間外に講習を受講した場合、免許状更新のための講習として認められなくなりますのでご注意ください。

※上記以外の方でも受講対象者になることがありますので、ご自身が受講対象者であるかどうかは、文部科学省ホームページ、教育委員会等で必ずご確認ください。

2.講習の概要 平成30年度 金沢工業大学 免許状更新講習

本学では、選択領域講習を2講座、選択必修領域講習を1講座、開設いたします。

講習会場:金沢工業大学 扇が丘キャンパス  〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1

講習当日のスケジュール(予定)
受付 8:40~9:00
オリエンテーション 9:00~9:10
講習(試験・休憩含む) 9:10~17:00
事後評価アンケート 17:00~17:20

【選択】PBLの実践と評価法

講習日時 定員 講習時間 受講料 講習の主な
受講対象者
履修認定
対象職種
担当講師
平成30年 7月14日(土) 20名 6時間 6,000円 工業・商業高校などの実業系の学科、総合学科、および普通科において総合的な学習の時間など実践的な学習を行う科目を担当している教員 教諭 松本重男
木村竜也
学校教育において従来行われてきた系統学習と現在注目されている問題解決学習、およびそれらの評価法を取り上げる。特にPBL(Project Based Learning)について、その理論的背景と教育における意義を概説し、学校現場への適用を考慮して授業方法と評価法の演習を行う。さらに、教育実践への適用の可能性を受講者とともに検討する。

※<新免許状をお持ちの方へ>
選択領域講習は「履修認定対象職種」に記載のある職種の方以外が受講しても更新手続には使用できません。
ご注意ください。

【選択必修】道徳教育と特別の教科道徳~考え議論する道徳授業について~

講習日時 定員 講習時間 受講料 講習の主な
受講対象者
担当講師
平成30年8月6日(月) 30名 6時間 6,000円 特定しない 白木みどり
「特別の教科 道徳」の設置までの歴史的経緯とその社会的背景などに言及し、学習指導要領改訂の趣旨と意義について概説する。また、子どもの発達の段階に即した効果的な道徳教育の在り方について討議し、演習を通して、考え、議論する道徳を意図した授業づくりのための配慮事項や多様な指導方法等について理解を深める。さらに、「社会に開かれた教育課程」を重視し、道徳科を中核に据えたカリキュラム・マネジメントの試案を検討する。

【選択】幼保・小・中・高の発達の段階に即したキャリア教育

講習日時 定員 講習時間 受講料 講習の主な
受講対象者
履修認定
対象職種
担当講師
平成30年 8月7日(火) 30名 6時間 6,000円 幼稚園、小学校、中学校、高等学校、認定こども園(幼稚園型、幼保連携型)の教諭、養護教諭 教諭
養護教諭
白木みどり
キャリア教育の理念とその意義や具体的指導方法、及び発達の段階に即した資質・能力育成の重要性について解説する。また、学習指導要領改訂に伴うキャリア教育の位置付けと重点化の意義についての理解を深め、実践事例をもとに配慮事項やカリキュラム・マネジメントの方法等を演習を通して習得する。

※<新免許状をお持ちの方へ>
選択領域講習は「履修認定対象職種」に記載のある職種の方以外が受講しても更新手続には使用できません。
ご注意ください。

<参考>
平成28年度より、「選択必修領域」の導入に伴う改正後の免許状更新講習の運用が開始されました。

必修領域
※本学では開講なし
全ての受講者が受講する領域 6時間以上
選択必修領域
PDF
選択必修領域の
導入について
受講者が所有する免許状の種類、勤務する学校の種類又は教育職員としての経験に応じ、選択して受講する領域 6時間以上
選択領域 受講者が任意に選択して受講する領域

※旧免許状所持者においては、その者の職(教諭、養護教諭又は栄養教諭の職)に応じた講習を受講する必要がある。
Ex.中学校教諭免許状(保健)と養護教諭免許状を所持する場合で、中学校教諭として中学校に勤務している場合 → 教諭向けの選択領域講習を18時間受講することにより、中学校教諭免許状(保健)と養護教諭免許状の両方の更新に充てられる

※新免許状所持者においては、所有する教員免許状の種類(教諭、養護教諭、又は栄養教諭免許状)に応じた講習をそれぞれ受講する必要がある
Ex.中学校教諭免許状(保健)と養護教諭免許状を所持する場合で、中学校教諭として中学校に勤務している場合 → 教諭向けの選択領域講習を18時間、養護教諭向けの選択領域講習を18時間、それぞれ受講する or 教諭・養護教諭向けの選択領域講習を18時間受講する
18時間以上

3.申込みから受講までの流れ

(1) 受講申込み
①受講をご希望の方は、下記「受講申込み(Web)」ボタンより、必要事項を登録してください。

【注意】
・受講定員を超過した場合は、先着順とさせて頂きます。
・電話でのお申込みは受け付けておりません。
・受講申込み後のキャンセルは他受講者の方へご迷惑がかかると共に、講習準備にも影響が出てまいります。
 お申込みはご自身のスケジュール等をご確認のうえ、確実に受講を希望する場合にのみ行ってください。

  • 受講申込み(Web) ※平成30年5月7日(月)午前10時より受講申込みを開始いたします

【受講申込み期間】
平成30年5月7日(月)午前10時から 平成30年5月31日(木)16時まで

②受講申込み後、順次「受講申込書(白紙のもの)」「払込取扱票」を郵送にてお送りいたします。また、講習の詳細についても併せてお知らせいたします。申込み後、10日(土・日祝日除く)が経っても書類がお手元に届かない場合は、7.お問い合わせ先までご連絡ください。

なお、「受講申込書」を事前にご準備される方は、こちらをご利用ください。
※受講申込書には、写真(4×3cm)の貼付が必要です。あらかじめご用意されることをお勧めいたします。


(2) 受講料お支払い・提出書類の郵送
①お送りした「払込取扱票」を使用して、受講料を以下期日までにお近くの郵便局にてお支払ください。

【受講料の振込み期日】
平成30年6月8日(金)まで

②下記【提出書類】1~3を、期日までに以下の宛先までご送付ください。
これらの提出物の到着を以て、受講申込み完了といたします。

【提出物の送付期日】
平成30年6月8日(金)【本学必着】

【提出書類】
1.受講申込書 必要事項をご記入ください。事前にご準備される方は、こちらからダウンロードできます
(証明者の記名押印、写真の貼り付け を忘れずにお願い致します)
2.顔写真(1枚) 受講申込書に添付したものと同様の顔写真を別途1枚ご送付ください。
お送り頂いた写真は、講習当日に受講票に貼り付けて受付にてお渡しいたします。
3.履修証明書
  郵送用封筒
封筒(長形3号)に92円切手を貼りつけ、受講者本人のお名前・ご住所を記載してご送付ください。受講後、履修証明書をお送りするために使用いたします。

送付先: 〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7−1
     金沢工業大学 大学事務局 教務課 免許状更新講習係 宛

(3) 追加募集について
受講申込み期間内で定員に達しなかった場合やキャンセル等により空きが発生した講座がある場合は、平成30年6月12日(火)より追加募集をおこないます。 追加募集がある場合のみ、平成30年6月12日(火)午前10時より、本ページにて追加分の申込み方法を掲載いたします。

4.受講に際して

① 原則、講習の遅刻や早退をされた方に対しては履修認定ができません。
② 受付で本人確認を行います。講習当日は本人確認が出来るもの(運転免許証など)をお持ちください。
③ 本学の都合および天災などによる講習中止の場合を除き、受講料振込後の講習キャンセルは原則受付けておりません。やむを得ない事情でキャンセルをされる場合は、速やかに7.お問い合わせ先までご連絡ください。

5.履修認定に関して

講習当日、筆記試験による認定試験を行います。
筆記試験により合格基準を達した講習については、各講習日の2ヶ月後を目途に受講者ご住所宛『履修証明書』を発送します。

※『履修証明書』を受領しても免許状の更新は完了していません。
免許状が有効であり続けるためには、別途、免許管理者(現職教員の方の場合はお勤めになっている学校の所在する都道府県教育委員会、現職教員でない方はお住いのある都道府県教育委員会)による「更新講習修了確認」という手続が必要になります。また、この申請は、各自で行っていただく必要があります。
期限までに必要な申請をしなかった場合、免許状更新講習を受講し終えていたとしても、有する免許状が失効してしまいます。各免許管理者が定める申請方法等を確認の上、必ず期限までに申請を行うよう、御注意ください。

6.個人情報の取り扱い

申込書等に記載された個人情報および修了認定試験での成績情報等の取り扱いについては、免許状更新講習に係る業務のみに用います。それ以外の目的で使用いたしません。

7.会場・お問い合わせ先

【講習会場】金沢工業大学 扇が丘キャンパス(石川県野々市市扇が丘7−1)
 交通アクセスは、こちらを参照してください。
 駐車場に限りがございます。会場への移動はなるべく公共交通機関をご利用ください。

【お問い合わせ先】金沢工業大学 大学事務局 教務課 免許状更新講習係
         TEL:076-294-6402