KITコーオプ教育プログラム

コーオプ教育(Cooperative Education.)は20世紀初頭に米国で始まった産学協同教育で、「大学のカリキュラムと、これと同レベルの高い完成度の教育価値を持つ就業体験」が融合したものです。
学生にとっては理論と実践の両面を効果的に学ぶ理想的な教育プログラムであり、企業にとっては企業内研修やOJT(On­the-Job Training)に時間やコストをかけにくくなっている状況の中での新たな専門人材育成プログラムになります。

本学のKITコーオプ教育プログラム履修者は、大学院生の場合は大学院科目「コーオププログラム」の単位として認められます。また、大学院進学予定の学部4年次の場合は、卒業研究に相当する「プロジェクトデザインIII」の活動の一環とするか、大学院科目「コーオププログラム」にあてることができます。 大学と企業が共同して学生に社会実装型の教育実践フィールドを提供することが可能となるコーオプ教育プログラムを核として、「新たな産学協同のプラットフォーム」を形成し、これまでにない製品やサービスの創出を目指すほか、独自プランド化を共に目指す人材育成システムの構築を目指します。

プログラムの特徴

  1. 4カ月以上の長期間のプログラム
  2. 業務内容について事前に大学と企業で打ち合わせを行い、学生の専門力を把握したうえで業務内容を決定
  3. 企業担当者を実務家教員として招聘
  4. 教育評価の上でも指導教員と連携した教育主導による教育評価を実施。事前学習の実施において企業との連携によりコーオプ教育プログラムの教育効果をさらに高める取り組みを実施
  5. 学生の積極的なコーオプ教育プログラム参加を促すためのキャリア教育を通じた意識の醸成を行う

正課・正課外で身につけた知識・スキルを活かして、企業での実践的な問題発見解決業務に従事することで、新しい価値を生み出せるイノベーション力を持つ「自ら考え行動する技術者」の育成を産学協同で実現します。

対象学生

学部4年次、大学院生

期間

4カ月~1年間

KITコーオププログラムの流れ

KITコーオププログラムは、下記の2つの実施方法があります。

寄付講座実施型

企業から講師にお越しいただき、「寄付講座」(修学基礎教育課程生涯学習科目1単位)を実施します。受講者の中から選抜された学生が、コーオププログラム(4か月~1年)に参加することができます。

プロジェクトテーマ型

企業から設定されたプロジェクトテーマ(事前課題)に取り組み、選考された学生が、コーオププログラム(4か月~1年)に参加することができます。

C-ENGINE 研究インターンシップ

C-ENGINE(産学協働イノベーション人材育成協議会)は、産と学の交流をとおしてイノベーションを創出できる人材育成をめざす大学と企業のコンソーシアムです。

C-ENGINEのインターンシップの特徴

大学×企業

日本を牽引する企業と大学が組織として参画する質の高いインターンシップ

中長期のインターン

腰を落ち着けて企業の研究現場を体験することが可能となる中長期のインターンシップ

参加企業一覧(2021年4月現在)31社

興味のある学生は下記に連絡ください。

 進路開発センター
 TEL:076-294-6985
 E-mail:c-eng-kit@mlist.kanazawa-it.ac.jp

大学院リサーチインターンシップ

大学院リサーチインターンシップとは、本学にある研究所や、各教員との共同研究及び受託研究を基盤に、連携企業との密接な連携により実施される研究型インターンシップです。組織の中で実践される研究・開発のプロセスについて理解を深めると共に、一人の研究・開発者として組織に貢献することを目指し活動します。

対象学生

大学院生(博士課程後期)

期間

1年程度(受入企業により異なります)