沿革

LC沿革 / 国際会議開催の歴史

沿革

1960
1965年4月 金沢工業大学付属図書館を設置
1970
1973年4月 全国新聞コーナーを開設
1979年3月 図書館を金沢工業大学ライブラリセンターと命名
1979年4月 国立国会図書館「JAPAN/MARC」利用実験校に指定
1979年11月 ライブラリーセンター地鎮祭・起工式を実施
1980
1980年10月 「JAPAN/MARC」公開講座を実施
1980年10月 分野別フロア構成を決定
1981年12月 初代館長に酒井悌が就任
1982年3月 KIT-LC竣工式ならびに定礎式を実施
1982年4月 図書館業務システム(サーキュレーション・情報管理・書棚管理システム)が稼働
1982年4月 図書情報検索システム(LINKIT-IR)が利用開始
1982年4月 SL(サブジェクトライブラリアン)制度を創設
1982年5月 図書館業務システムが運用開始
1982年5月 AVIS (Audio Visual Information System)を稼働(3072巻収納)
1982年5月 金沢工業大学ライブラリーセンター報「LINKIT」を発刊
1982年6月 開館時間を延長 【LC:平日19時、土曜日17時まで開館】 【自習室:22時まで開館】
1982年6月 ライブラリーセンター設立記念式典(学園創立25周年)
1983年1月 定期試験期間は前1週間から土・日とも22時まで開館時間を延長
1983年4月 一般利用者カード発行と地域利用者に一部開放
1983年6月 卒業生向け冊子「ばっくあっぷ」ににライブラリーセンター紹介欄を設けSL推薦図書の掲載を開始
1984年2月 リザーブドブック制度基本案作成
1984年4月 CAI(KAPITAL)システム(39科目)稼働
1984年4月 卒業研究論文の回収・整理開始
1984年10月 北陸3県公共図書館にオンライン情報検索サービス開始
1985年4月 文献検索システム「DIALOG」利用開始
1986年4月 BITNET(国際大学間学術情報ネットワーク)サービス開始
1986年4月 パソコンによる外部DB検索用通信ソフトを開発 JOIS導入
1986年4月 開館時間を延長 平日22時、土曜日17時まで開館
1987年4月 リザーブドブック制度一部試行
1988年4月 「世界を変えた書物展」(東京国立科学博物館)を開催(4/26-5/15)
1988年11月 学術雑誌コンテンツコピーサービスの開始
1989年6月 図書自動貸出返却装置(3台)を設置
1990
1990年5月 イメージ情報システムサービスの開始
1991年4月 生涯学習室を設置
1991年10月 AVIS新機種を導入
1992年3月 ライブラリーセンター見学者10万人突破
1992年9月 ポピュラーミュージックコレクション(PMC)をライブラリーセンターに移設
1993年4月 国際会議室を「酒井メモリアルホール」と改称
1995年3月 マサチューセッツ工科大学図書館と情報交換に関する協定を締結
1996年4月 マルチメディア考房を設置
1997年1月 ライブラリーセンターホームページの開設
1999年4月 日曜・祝日開館(10:00-17:00)開始
1999年9月 図書情報検索システム(LINKIT-Ⅱ/OPAC)を稼働/LINKIT-IRのサービス停止
1999年10月 目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL)の参加
2000
2001年1月 国際ラウンドテーブル会議録出版(1994-1998年)
2001年4月 学習支援センターを設置
2001年11月 学習支援センターを学習支援デスクと改称
2001年11月 イリノイ大学アーバナシャンペイン校図書館と資料相互利用に関する協定を締結
2001年12月 電子ジャーナル導入(エルゼビア・サイエンス社SD-21試験的運用) 
2002年1月 ハワイ大学マノア校図書館と資料相互利用に関する協定を締結
2002年9月 大学・高専の卒業見込者の貸出期間を2週間に延長
2003年4月 K.I.T. ライティングセンターを設置 
2003年12月 ライティングセンター「文章作成の手引き」初版第1刷を発行
2004年1月 電子ジャーナルの購読を本格化
2004年3月 10階に新分野フロア(「化学・バイオ系」「生命・心理系」)を構築
2004年4月 LCポータルを運用開始
2004年9月 昭和57年の開館から23年目で見学者20万人を突破
2004年12月 「国際ラウンドテーブル会議」が米国議会図書館より表彰
2005年8月 館内無線LAN工事完了
2006年8月 督促・返却案内を電子メールで送信開始
2007年4月 学生向けのインターネットによるILL申込みサービスを開始
2007年4月 ILLのオンライン受付を学生にも開放
2007年4月 ライブラリーセンターホームページをリニューアル
2007年7月 11F女性専用閲覧室を設置
2007年11月  バージニア大学図書館と資料相互利用に関する協定を締結
2008年1月 データベース「Web of Science」のトライアル開始
2008年4月  電子ジャーナルポータルサイト(LC-Linker)を立ち上げリンクリゾルバSerials Solutionsを導入
2009年2月 データベース「Scopus」のトライアル開始
2009年4月 専門基礎CRMシステム「KIT BRAIN BANK」を全学生対象に運用開始
2010
2012年4月 「世界を変えた書物展」(金沢21世紀美術館市民ギャラリーA)を開催(4/27-5/19)
2013年2月 プロジェクトレポート・高専卒業研究論文の電子化保存開始
2013年4月 ライブラリーセンターホームページをリニューアル
2013年4月 統合検索(KIT Search)を稼働(ディスカバリーサービスを導入)
2013年9月 「世界を変えた書物展」(名古屋市科学館)を開催(9/13-29)
2014年2月 大学院学位論文(修士・博士)の電子化保存開始
2014年10月 電子書籍の本格導入を開始
2015年3月 機関リポジトリ(KITIR)の運用開始
2015年11月 「世界を変えた書物展」(グランフロント大阪北館ナレッジキャピタルイベントラボ)を開催(11/6-23)
2016年4月 3F「Knowledge Square」3室を設置
2017年6月 【PMC】「世界を変えたレコード展」(グランフロント大阪北館ナレッジキャピタルイベントラボ)を開催(6/21-7/23)
2017年7月 STEM・ビブリオ・プラザを設置
2018年3月 白山麓キャンパス ライブラリーワークコモンズに図書を設置 簡易貸出システム稼働開始
2018年9月 「世界を変えた書物展」(上野の森美術館)を開催(9/8-24)
2019年9月 「世界を変えた書物展」(JR九州ホール)を開催(9/13-29)
ページトップへ