学内ホールの運営

イノベーションホール  12号館4階

AV室では、大型ディスプレイ(ハイビジョン2画面に相当)を備えたホール(定員192名)を運営しています。
ホールは年間100以上の産学連携、地域連携プロジェクトを中心としたイベントが開催され、学生、企業、地域の人々の発表、
交流の場として活用されています。
その他多目的ホール(6号館3階)、酒井メモリアルホール(多言語国際会議場)の運営も行っています。
情報機器
大学にはさまざまな情報機器があり、それらの運用・保守を行っています。

AVIS

AVIS(Audio Visual Instruction System)は、学内の情報コンセントや無線LANがあるところであれば、
どこでも視聴できる学内動画配信システムです。 (ライブラリーセンターにAVIS視聴PCがあります)
情報コンテンツの内容としては、大学で行われた各種講演会や講義・各プロジェクトの活躍などがあり、学生は予習、復習として
学内情報コンテンツを視聴できます。
反転授業科目においては、コンテンツをダウンロードすることで学外でも勉強することができます。

学内告知テレビ

学内のあらゆる場所に設定している告知テレビは、休講・補講などの修学情報、各施設からのお知らせ、学内郵便局からの郵便物のお知らせなど学生生活に必要な情報をタイムリーに発信しています。

テレビ会議システム

扇が丘キャンパス、虎ノ門キャンパス、やつかほリサーチキャンパスにはテレビ会議システムを配置し、遠隔会議や遠隔講義を行うことができます。
写真はテレビ会議システムを利用して、扇が丘キャンパスと虎ノ門キャンパスで会議をしている様子です。
ページの先頭へ戻る