TOPICS

お知らせ

【募集は終了しました】
2045年理想の脱炭素社会 ポストSDGs 全国作文コンテスト

金沢工業大学は、ポストSDGsの検討への日本の若者の参画を促すための取り組みとして、小中高生を対象とした「全国作文コンテスト」を開催いたします。
この全国作文コンテストは、金沢工業大学が推進してきた平成31年度SDGs達成の担い手育成(ESD)推進事業「ゲーミフィケーションを用いたSDGs教材とその開発手法の全国展開」、令和2年度SDGs達成の担い手育成(ESD)推進事業「ゲーミフィケーションを用いたSDGs教材活用のための教員向け人材育成」、令和3年度SDGs達成の担い手育成(ESD)推進事業「ゲーミフィケーションを活用したSDGs教材・カリキュラムについて教員同士の学びあいを促す学習コミュニティの創造」の一環として、ゲーミフィケーション教材によってSDGsへの理解を深めた小中高生が自ら世界の共通目的を作るプロセスに参画することの第一歩を踏み出すことを後押しするために企画されました。


SDGs、ポストSDGsは理想の未来を描き、実現するための取り組みです。小中高生の皆さんがSDGsを学ぶことで描けるようになった理想の未来を、コロナ禍で苦難に陥っている人々の希望となるよう提示をしてもらえればと思います。
本作文コンテストでは、いまよりも一世代先の世界、小中高生が大人となり、自分たちの子どもの世代が小中高生となっている時代について、どのような理想を描けるのかといった未来構想力が問われます。皆さんの応募をお待ちしております。

「2045年理想の脱炭素社会 ポストSDGs 全国作文コンテスト」
 主催:金沢工業大学
 共催:非営利型一般社団法人Beyond SDGs Japan
 協力:SDGs Global Youth Innovators、株式会社LODU
 後援:ジャパンSDGsサミット運営委員会

[テーマ]
 自分の暮らす地域における2045年の脱炭素社会

[コンテスト応募について]
*募集は終了しました。ご応募ありがとうございました*
 全国作文コンテストの応募条件・応募方法につきましては、下記の募集要項よりご確認ください。
  ▶ 全国作文コンテスト 募集要項はこちらをご覧ください(PDF形式)

[入選発表について]*10月14日更新!
 全国から多数の作品のご応募をいただきましてありがとうございました。
 入選発表は、2021年11月上旬を予定しております。
  • 受賞者には、主催団体から受賞者本人へ原稿に記載されたメールアドレスに通知いたします。sdgscenter@kanazawa-it.ac.jp から、メールを受け取れるようにドメイン設定を行ってください。(一定期間連絡が取れない場合、当選が無効になる場合があります。)
  • 入賞作品は、学校名・学生名とともに金沢工業大学のホームページ等に掲載、またジャパンSDGsユースサミットにて紹介することを予定しています。

[お問い合わせ]

  全国作文コンテストに関するお問い合わせは、下記のURLの問い合わせフォームよりお願いいたします。
  ▶ https://www.kanazawa-it.ac.jp/sdgs/contact/
   (金沢工業大学 SDGs推進センター お問い合わせフォーム)