取組内容

3つの取り組み

ベトナム・越日工業大学において、自ら問題・課題を発見し、解決活動に取り組む能力を有した人材を育成するため、金沢工業大学がコーディネーターとなり、企業のご協力を頂き「寄付講座」「日本でのインターンショップ」「ジョブフェア」を実施いたします。
本事業は、平成28年11月から 平成31年3月までの委託事業 です。

寄付講座 インターンシップ ジョブフェア
           






寄付講座

越日工業大学では、金沢工業大学のチームで問題発見・解決に取り組む「プロジェクトデザイン教育」を採用しています。越日工業大学2年生と4年生の「プロジェクトデザイン」科目に関して「クラス全体に対しての講義」「学生チーム毎に対するアドバイス」をお願いするものです。「クラス全体に対しての講義」では日本企業におけるプロジェクトの進め方や日本企業が求める人材像や能力・態度等に関する講義を想定しています。

インターンシップ

越日工業大学では、インターンシップは必修科目となっており、「日本での受け入れ」と「ベトナム現地企業での受け入れ」の2種類あります。
「日本での受け入れ」の実施は2018年2月、8月、2019年2月の3回、それぞれ2週間の就業体験を予定しています。


ジョブフェア

日本で行われている採用のための合同企業説明会を、平成30年(2018年)より、越日工業大学キャンパス内で開催する予定です。このジョブフェアには、ベトナムに進出されている日系企業を中心にご参加をお願いします。
 現在、開学2年目のため平成29年(2017年)は大規模なジョブフェアは予定していませんが、多くの学生が日本企業・業界を知る機会を提供するために、学科別に業界・企業説明会を実施します。