総合索引 著者名索引 書名索引 刊行年索引

Avogadro, Amedeo. (1776-1856).
Fisica de' Corpi Ponderabili.
Torino, 1837-1841, First edition.

アメデオ・アヴォガードロ (1776-1856)
可秤物質の物理学、或いは物質の一般的構成の物理学
トリノ, 1837年−1841年, 初版.

 アヴォガードロは、有名な法律家の家系に生まれ、彼自身も法学の教育を受け、1796年に学位を取った後は弁護士をしていました。しかし、1800年頃から、同国人のアレッサンドロ・ヴォルタの業績に影響されて数学と物理学、化学の独学を始めました。1809年にはヴェルチェリ大学の自然学教授、1820年にはトリノの科学アカデミーの、イタリアで最初に設けられた数理物理学の教授になっています。彼の名は「アヴォガードロの仮説」によってよく知られています。この仮説は定温定圧のもとでは等容積の気体は同数の分子を含むという原理を提案したものでした。アヴォガードロは初めこの原理を1811年、物理学会誌ジュルナール・ド・フィジークに発表しましたが、その後これに増補を加えて出版したものが本書です。彼の仮説はドールトンの反対に遇い、五十年後にカニッツアーロがこの仮説を再び提案するまでは一般には無視されたのでした。本書はまた、最初のイタリアに於ける理論物理学の体系的な概説書でもありました。現在、1モルの量の物質に存在する、または原子の数を表す数は、彼の名を記念してアヴォガドロ数と呼ばれています。
 

金沢工業大学ライブラリーセンター所蔵