「フェイク(贋作、模写)・アートは美術品か?その真の価値とは?■日時 : 令和元年7月30日(火)19:00~21:30■場所 : 金沢工業大学大学院 虎ノ門キャンパス13階■参加費 :10,800円(企業派遣:5,400円、学生:3,240円)■申込締切 : 7月25日(木)

概要

贋作とは意図的に購入者を欺くことを目的として作者を偽り製作された絵画や美術品である。しかし、原作者が意図的にそのアトリエや工房で製作を指示した複製品、更に弟子に原盤の増刷を許した版画、そして歴史的な巨匠や師の技法を習得するために製作された模写や習作などとも混同されがちで、その定義は必ずしも明確では無い。フェルメールの贋作を高度な技術と表現力で製作したメーフェレンによる贋作もあれば、最近、粗雑な贋作のみで構成された草間彌生と村上隆のモダンアート巡回展覧会が中国で開催され、主催者は指摘を受けた後、贋作展であったことを認めながらも中止せず、処罰も受けず、事業を継続した事例もあり、贋作の関与に於ける商行為では、何が適法であるのかさえ混沌としている。本セミナーでは、より多層的なビジネスを組成し、新たな価値を生みつつある贋作、模写、習作や複製品の定義を、法律、美術、ビジネスの視座から専門家の解説を求め、その方向性について闊達な討議を行う。

 

program

●19:00~19:15
オープニングレクチャー & モデレーター 北谷 賢司 氏


●19:15~21:30(120分) ※途中、休憩および大学院生のアンケートを実施
スピーチ&ディスカッション
キーノート・スピーカー: 福田 淳 氏
スピーカー: Juan M. Sevillano 氏(※海外よりLIVE中継)
スピーカー/パネリスト: 髙橋 芳郎 氏
スピーカー/パネリスト: 木村 政司 氏
スピーカー/パネリスト: 大橋 卓生 氏


※講演内容・講師が一部変更となる場合がございます。ご了承ください。


 

キーノート・スピーカースピーカー※海外よりLIVE中継

福田 淳氏Juan M. Sevillano氏

スピーカー/パネリスト

髙橋 芳郎氏木村 政司氏大橋 卓生氏

オープニングレクチャー&モデレーター

北谷 賢司氏

 

お申し込み手順

申込方法
申込書(下記よりダウンロード)に必要事項を記載し、メール又はFAXにてご返信ください。
申込締切
令和元年7月25日(木)締め切り
お問い合わせ先
KIT虎ノ門大学院(金沢工業大学大学院)産学連携局
Tel:03-5777-1964  Fax:03-5777-1965  e-mail:tokyo@kanazawa-it.ac.jp