閉じる


学習支援計画書の照会

授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
修学基礎教育課程
人間形成基礎科目
生涯学習
生涯学習特別講義(エンベデッドシステム)
2 G478-01 2期(後学期) 修学規程第4条を参照

担当教員名 研究室 内線電話番号 電子メールID オフィスアワー



授業科目の学習教育目標
キーワード 学習教育目標
1. エンベデッドシステム
2. MATLAB&Simulink
3. プリント基板設計
4. Linuxデバイスドライバ
5. Raspberry Pi
・エンベデッドシステムの「概要」「技術」「業界」「製品トレンド」について理解する。
・エンベデッドシステムに関する専門知識・用語について理解する。
・MATLAB&Simulinkによる制御系設計・プリント基板設計・Linuxデバイスドライバ開発の中
の一つについて理解し、その設計方法を活用して、エンベデッドシステム開発を行うことが
できる。
・エンベデッドシステム技術者に必要となるスキルを理解する。

授業の概要および学習上の助言
【授業の概要】
IoTを支えるエッジデバイスであるエンベデッドシステムに関する知識と技術について学ぶ。
エンベデッドシステムに関する講演・講習、研究室の視察、開発演習により、エンベデッドシステムに関する理解を深める。
[エンベデッドシステム技術講演会]
 エンベデッドシステム技術者の講演を聴き、エンベデッドシステムの「概要」「技術」「業界」「製品トレンド」について
学ぶ。
[エンベデッドシステム技術講習]
 エンベデッドシステムの基礎技術を体系的に学ぶ。
[研究室見学]
 金沢工業大学のエンベデッドシステム関連の研究室の現地見学および研究室教員・学生との意見交換を行う。
[エンベデッドシステム開発演習]
 エンベデッドシステムを構築する技術を実践的に学ぶ。
 @MATLAB&Simulink演習、Aプリント基板設計演習、BLinuxデバイスドライバ開発演習の中から1つを選択する。
 
※本科目は、教科書の指定はなく、授業で使用する資料は配付する。

教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし
参考書:指定なし
リザーブドブック:指定なし

履修に必要な予備知識や技能
1) 基本的なコンピューターリテラシー(Windowsの操作、テキストエディタの操作など)を修得している。
2) Cプログラミングの基本的な要素(条件分岐、繰り返し、関数、ファイル入出力など)を理解している。「IoTプログラミ
ング入門」を履修しているか、履修相当であること。

学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
 
@ A エンベデッドシステムの概要、および、エンベデッドシステムの「技術」「業界」「製品トレンド」について説明できる。
A H エンベデッドシステムに関する専門知識・用語について説明できる。
B G,H 実践的なエンベッドシステム設計の概要を理解し、基本的なエンベデッドシステム開発を行うことができる。
C A エンベデッドシステム技術者に必要なスキルを理解し、現在の自身のスキルレベルを把握できる。
D    
E    

達成度評価
指標と評価割合 \ 評価方法 試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 40 30 20 0 10 0 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 20 15 10 0 0 0 45
思考・推論・創造する力 0 20 15 5 0 0 0 40
コラボレーションとリーダーシップ 0 0 0 0 0 5 0 5
発表・表現・伝達する力 0 0 0 5 0 0 0 5
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 0 0 5 0 5

評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験 @  
 
A  
B  
C  
D  
E  
小テスト クイズ @  
・エンベッドシステム技術講習、エンベデッドシステム開発演習の復習課題の内容を評価する。
【評価の対象となる課題】
 第2講〜第4講:各回の復習課題
 第6講〜第13講:各回の復習課題
A
B
C  
D  
E  
レポート @
・エンベデッドシステム技術講演会、研究室見学、学修成果発表のレポートの内容を評価する。
【評価の対象となるレポート】
 第1講:エンベデッドシステム技術講演会レポート
  第5講:研究室見学レポート
 第15講:学修成果発表レポート
A
B  
C
D  
E  
成果発表(口頭・実技) @
・学修成果発表を評価する。
【評価の対象となる発表】
 第15講:学修成果発表
A
B
C
D  
E  
作品 @  
 
A  
B  
C  
D  
E  
ポートフォリオ @  
・エンベデッドシステム技術者育成の評価システムの入力において、自己の能力を客観的に判断する姿勢
を評価する。
【評価の対象となる課題】
 第15講:組込みシステム技術者育成の評価システムに関する自己評価
A
B  
C
D  
E  
その他 @  
 
A  
B  
C  
D  
E  

具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
・エンベデッドシステムについて深く理解し、自身のエンベデ
ッドシステム技術者としてのスキルレベルを把握するとともに
、今後のキャリアデザインを検討できる。
・エンベデッドシステムに関する専門知識・用語について深く
理解し、エンベデッドシステムに関連する企業技術者や研究室
教員・学生と意見交換できる。
・MATLAB&Simulinkによる制御系設計・プリント基板設計・Lin
uxドライバプログラミングの一つについて深く理解し、その設
計方法を活用して、高度なエンベデッドシステム開発を行うこ
とができる。実践型インターンシップ(組込みシステム関連企
業へのインターンシップ)で主体的に活用できる。
・エンベデッドシステムについて理解し、自身のエンベデッド
システム技術者としてのスキルレベルを把握できる。
・エンベデッドシステムに関する専門知識・用語について理解
し、エンベデッドシステムに関連する企業技術者や研究室教員
・学生の話す内容を理解できる。
・MATLAB&Simulinkによる制御系設計・プリント基板設計・Lin
uxドライバプログラミングの中の一つについて理解し、その設
計方法を活用して、エンベデッドシステム開発を行うことがで
きる。

授業明細

回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
第1講
(1〜2
回)
[ガイダンス、エンベデッドシステム技術講演会]
・授業全体のガイダンス
・エンベデッドシステム開発を行っている企業技術者
の講演を聴き、エンベデッドシステムの「概要」「技
術」「業界」「製品トレンド」について理解を深める
。
 
※実務家教員による授業。
講義、講演
エンベデッドシステムに関する説
明、および、企業技術者の講演の
レポートを作成する。
90
第2講
(3〜4
回)
[エンベデッドシステム技術講習(技術要素)]
・エンベデッドシステム技術のソフトウェア知識の技
術要素に関し、大学卒業時に企業で必要とされる内容
を体系的に学ぶ。
 
※実務家教員による授業。
講義
講義内容の復習課題に取り組む。
90
第3講
(5〜6
回)
[エンベデッドシステム技術講習(開発技術)]
・エンベデッドシステム技術のソフトウェア知識の開
発技術に関し、大学卒業時に企業で必要とされる内容
を体系的に学ぶ。
 
※実務家教員による授業。
講義
講義内容の復習課題に取り組む。
90
第4講
(7〜8
回)
[エンベデッドシステム技術講習(総合演習)]
・エンベデッドシステム技術のソフトウェア知識につ
いて、総合的な知識修得を行う。
 
※実務家教員による授業。
講義
講義内容の復習課題に取り組む。
90
第5講
(9〜1
0回)
[研究室見学]
金沢工業大学のエンベデッドシステム関連の研究室の
現地見学を行い、大学院生との意見交換を行う。
 
※実務家教員による授業。
学内見学
研究室見学のレポートを作成する
。
90
第6講
(11〜
12回)
[エンベデッドシステム開発演習]
・MATLAB:MATLAB入門
・プリント:Arduinoとブレッドボードを用いた設計
・Linux:開発環境構築、Linux入門
※第6講〜第15講は、MATLAB&Simulink演習、プリント
基板設計演習、Linuxデバイスドライバ開発演習に分
かれて実施する。
 
※実務家教員による授業。
講義、演習
演習内容の復習課題に取り組む。
90
第7講
(13〜
14回)
[エンベデッドシステム開発演習]
・MATLAB:Simulink入門
・プリント:机上でのレイアウト設計
・Linux:Linuxプログラミング(システムコール、ソ
ケット)
 
※実務家教員による授業。
講義、演習
演習内容の復習課題に取り組む。
90
第8講
(15〜
16回)
[エンベデッドシステム開発演習]
・MATLAB:LEGOを使った演習1(モーター制御)
・プリント:Ki-CADを用いたレイアウト設計
・Linux:RaspberryPiとブレッドボードを使った電子
回路実験
 
※実務家教員による授業。
講義、演習
演習内容の復習課題に取り組む。
90
第9講
(17〜
18回)
[エンベデッドシステム開発演習]
・MATLAB:LEGOを使った演習2(モーター制御)
・プリント:Ki-CADを用いたレイアウト設計
・Linux: Linuxカーネルモジュールプログラミング
 
 
※実務家教員による授業。
講義、演習
演習内容の復習課題に取り組む。
90
第10講
(19〜
20回)
[エンベデッドシステム開発演習]
・MATLAB:LEGOを使った演習3(回転型倒立振子制御
)
・プリント:レイアウト検証
・Linux: Linuxカーネルモジュールプログラミング
 
※実務家教員による授業。
講義、演習
演習内容の復習課題に取り組む。
90
第11講
(21〜
22回)
[エンベデッドシステム開発演習]
・MATLAB:LEGOを使った演習4(回転型倒立振子制御
)
・プリント:基板作成(紫外線露光、現像、エッチン
グ)
・Linux: Linuxデバイスドライバプログラミング
 
※実務家教員による授業。
講義、演習
演習内容の復習課題に取り組む。
90
第12講
(23〜
24回)
[エンベデッドシステム開発演習]
・MATLAB:最終課題:LEGOライントレースカーの制御
・プリント:基板作成(穴あけ、仕上げ)と制作作品
の動作検証
・Linux:自由課題制作
 
※実務家教員による授業。
※討論を行う授業。
講義、演習
取組み内容をミニレポートにまと
める。
90
第13講
(25〜
26回)
[エンベデッドシステム開発演習]
・MATLAB:最終課題:LEGOライントレースカーの制御
(続き)
・プリント:基板作成(穴あけ、仕上げ)と制作作品
の動作検証(続き)
・Linux:自由課題制作(続き)
 
※実務家教員による授業。
※討論を行う授業。
講義、演習
取組み内容をミニレポートにまと
める。
90
第14講
(27〜
28回)
[エンベデッドシステム開発演習]
・MATLAB:最終課題:LEGOライントレースカーの制御
(まとめ)
・プリント:基板作成(穴あけ、仕上げ)と制作作品
の動作検証(まとめ)
・Linux:自由課題制作(まとめ)
 
※実務家教員による授業。
※討論を行う授業。
講義、演習、発表資料作成
最終課題/制作作品/自由課題の
取組み成果を発表資料にまとめる
。
90
第15講
(29〜
30回)
[エンベデッドシステム開発演習]
・MATLAB:最終課題の成果発表
・プリント:制作作品の成果発表
・Linux:自由課題の成果発表
 
[自己評価]
エンベデッドシステム技術者育成の評価システムの入
力を行う。現在の自身の能力レベルを把握する。
 
※実務家教員による授業。
※討論を行う授業。
発表、自己評価
最終課題/制作作品/自由課題の
発表成果を発表レポートにまとめ
る。
また、組込みシステム技術者育成
の評価システムの入力を完了させ
る。
90