閉じる


学習支援計画書の照会

授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
修学基礎教育課程
人間形成基礎科目
生涯学習
生涯学習特別講義(コミュニケーション技法)
2 G408-01 3期(前学期)
4期(後学期)
修学規程第4条を参照

担当教員名 研究室 内線電話番号 電子メールID オフィスアワー



授業科目の学習教育目標
キーワード 学習教育目標
1. コミュニケーションのタイプ
2. 傾聴
3. 質問技法
4. プレゼンテーション
5. 地域連携
学生として、さらに社会人になった際にも、他人と効果的なコミュニケーションを図ること
ができるように、コミュニケーションの基本を知る。「聞く」および「話す」ことについて
は、状況に応じて、また相手のコミュニケーションのタイプに合わせてより良い方法を考え
、実践する方法を身につける。グループ演習を多く取り入れているので、演習の中でもメン
バーとの効果的なコミュニケーションを体得する。

授業の概要および学習上の助言
本科目では、コミュニケーション技法について以下の項目を取り上げる。
 1.コミュニケーションの必要性
 2.聞くことの重要性
 3.話すことの重要性
 4.4つのコミュニケーションタイプの特徴(強みと弱み)
 5.相手のタイプに合わせたコミュニケーションのポイント
 6.効果的なプレゼンテーション技法
 
これらの各項目について、基本概念、用語、および理論について説明する。さらにそれぞれの項目において、理解を深めるた
めに具体的なトピックを挙げながら講義する。また知識として理解するだけではなく、実践できるようになるために、授業時
間内にグループ演習、個人演習などを実施する。
評価については、各項目に関する講義の内容と基本的事項の理解を確認するために、レポート、成果発表(プレゼンテーショ
ン)を課す。

教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:アクティブラーニングで身につけるコミュニケーション力:聞く力・話す力・人間力[近代科学社]
参考書:指定なし
リザーブドブック:指定なし

履修に必要な予備知識や技能
1.毎回の授業への出席が非常に重要である。グループ演習も多いため、欠席、遅刻を厳禁とする。
2.学んだ項目は授業の中だけではなく、日常生活でも意識して活用することで身につくので、復習をしっかり行い、実践す
  ること。

学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
 
@ A,B 効果的なコミュニケーションを行うための要素を理解し、自らの行動を自己評価することができる
A A,B コミュニケーションタイプの違いを理解し、それぞれの強みと弱みを文章で説明することができる
B A,B 自分と異なるコミュニケーションタイプの人と効果的なやりとりをするための方法を考え、文章で記述することができる
C A,B 自分のプレゼンテーションの長所と改善ポイントを認識し、より良いプレゼンテーション実施への方法を記述できる
D A,B 聞き手にとってわかりやすいプレゼンテーションを実施することができる
E A 本科目における学生が達成すべき行動目標を自己評価できる

達成度評価
指標と評価割合 \ 評価方法 試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 45 45 0 5 5 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 0 20 15 0 0 0 35
思考・推論・創造する力 0 0 10 0 0 0 0 10
コラボレーションとリーダーシップ 0 0 0 0 0 0 0 0
発表・表現・伝達する力 0 0 15 20 0 0 0 35
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 10 0 5 5 20

評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験 @  
 
A  
B  
C  
D  
E  
小テスト クイズ @  
 
A  
B  
C  
D  
E  
レポート @
●レポート1:第4回の授業時間内に作成(15点) 
 ・自らのコミュニケーションについて分析し、今後の行動指針をまとめる。
●レポート2:第8回の授業時間内に作成(30点)
 ・自らのDiSCタイプ別行動特性の活用に関して、実例を踏まえて記述する。タイプ別の行動特性の
  理解度、自らの経験に関する考察、論理性、文章作成の基本ルールを採点基準とする。
A
B
C  
D  
E  
成果発表(口頭・実技) @  
●第12回、第13回、第14回の授業時に実施(30点)
 ・実施要領の説明、実施の順番などは第11回の授業時に説明する。
●プレゼンテーション実施時、他学生のプレゼンテーションに対する講評を文書化し、提出する。
 記述された内容を含めて評価する。(15点)
A  
B  
C
D
E  
作品 @  
 
A  
B  
C  
D  
E  
ポートフォリオ @
●学生が達成すべき行動目標@〜Dについての自己評価と、その理由をポートフォリオ内に記述する。
指定された期限内に印刷して提出する。(5点)
A
B
C
D
E
その他 @
●出席率、遅刻の有無などの状況(5点)
A
B
C
D
E  

具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
1.コミュニケーションにおける傾聴の重要性を理解し、具体
  的な実践方法について説明できる。
2.DiSC理論で定義されている4つのタイプの行動特性につい
  て強みと弱みについて具体例を交えて説明できる。
3.DiSC理論で定義されている4つのタイプの人とのコミュニ
  ケーションのポイントを具体例を交え、説得力をもって説
  明できる。
4.聞き手に取ってわかりやすいプレゼンテーションを実施す
  るためのポイントを踏まえて、効果的なプレゼンテーショ
  ンを実施することができる。
 
1.傾聴とは何か、さらにコミュニケーションにおける傾聴の
  重要性について説明できる。
2.DiSC理論で定義されている4つのタイプの行動特性につい
  てそれぞれの強みと弱みを説明できる。
3.DiSC理論で定義されている4つのタイプの人とのコミュニ
  ケーションの基本的なポイントを説明できる。
4.聞き手に取ってわかりやすいプレゼンテーションを実施す
  るためのポイントを説明できる。

授業明細

回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1回
科目ガイダンス
・学習支援計画書の説明
・レポートの提出およびプレゼンテーション実施要領
 に関する説明
●コミュニケーションの必要性
 ・基本的な考え方を理解する
●自己紹介とお互いを知るための演習を実施
●会話力(聞く・話す)
 ・必要な要素について考える
●聞くことの重要性
・「傾聴」の重要性を理解する
・「傾聴」の実践方法を考える
講義と質疑応答
演習
【復習】
・本科目「学習支援計画書」の
 熟読
 
・自分自身が「傾聴」を実践する
 具体的な方法を考え、授業や
 日常生活で実践する
 
30
 
 
30
2回
●聞くことの重要性(続き)
・質問のタイプを理解する
・いろいろなタイプの質問の効果的な使用方法を
 考える
●話すことの重要性
・目的に応じた話し方
・雑談力
●演習を実施し、演習の結果についてグループ内で
 共有する
講義と質疑応答
演習
グループ討議
【予習】
・テキスト第2章を読んでおく
【復習】
・自分自身が「質問技法」、「目
 的に応じた話し方」を実践する
 具体的な方法を考え、授業や
 日常生活で実践する
 
30
 
60
3回
●非言語コミュニケーション
・言葉以外によるコミュニケーションの重要性につい
 て理解する
●演習を実施し、演習の結果についてグループ内で
 共有する
講義と質疑応答
演習
グループ討議
【復習】
・授業で得た知識を確認し、授業
 や日常生活において、言語以外
 によるコミュニケーションを
 意識して行動してみる
 
60
4回
●会話力のまとめ(振り返り)
・会話に必要な要素、聞くことの重要性、話すことの
 重要性に関するレポート作成(レポート1)
 :自らの行動を分析し、今後の行動指針をまとめる
*持参物:PC(レポート作成に使用)
 
●次回の授業のための事前課題の実施要領説明
振り返り授業
質疑応答
演習
【予習】
・効果的なコミュニケーションに
 関する自分自身の行動を振り返
 って考えておく
【課題】
・レポート1を完成させる
 
60
 
 
 
60
5回
●タイプ別コミュニケーション(1)
 ・DiSC理論の背景と各タイプの行動特性を理解
  する
講義と質疑応答
演習
【予習】
・第4回の授業で指定された事前
 課題を完成させ、結果レポート
 を読んでおく
【復習】
・授業で得た知識を確認し、自分
 の分析結果を読み直しておく
 
60
 
 
 
60
6回
●タイプ別コミュニケーション(2)
 ・DiSCタイプ別の効果的なコミュニケーション
  方法について考える
 
●レポート1の採点結果の確認(自己点検)
講義と質疑応答
演習
自己点検
【予習】
・DiSCタイプ別行動特性について
 理解しておく
【復習】
・授業で得た知識を確認しておく
 
60
 
 
60
7回
●タイプ別コミュニケーション(3)
 ・チーム活動におけるDiSCタイプ別行動特性の
  活用について考える
講義と質疑応答
演習
【復習】
・次回の授業でのレポート作成に
 向けて知識を確認しておく
 
60
 
 
8回
●タイプ別コミュニケーション(4)
・DiSCタイプ別行動特性の活用に関するレポート作成
(レポート2):自らのDiSCのタイプを踏まえ、他人
 との効果的なやりとりについて実例を基にまとめる
 (振り返り)
*持参物:PC(レポート作成に使用)
振り返り授業
質疑応答
演習
【課題】
・レポート2を完成させる
 
60
 
 
9回
●発表力
・効果的なプレゼンテーションのポイント
・準備
・実施
・評価
講義と質疑応答
演習
【予習】
・テキスト第3章を読んでおく
 
60
10回
●総合プレゼンテーションの準備(1)
 ・総合プレゼンテーションの実施要領の説明
 ・発表資料の作成
*持参物:PC
 
●レポート2の採点結果の確認(自己点検)
講義と質疑応答
演習
自己点検
【課題】
・総合プレゼンテーションの説明
 資料の原案を作成する
 次回の授業でリハーサルができ
 るように準備する
 
90
11回
●総合プレゼンテーションの準備(2)
 ・実施にむけての準備作業
 (グループ内リハーサルの実施)
*持参物:PC
 
●グループ内リハーサルでのコメントシートの確認
(自己点検)
演習
自己点検
【課題】
・総合プレゼンテーションの説明
 資料を完成させる
 
 
60
12回
●総合プレゼンテーションの実施(1)
 ・個人別プレゼンテーション実施:(ビデオ撮影)
 ・他の学生のプレゼンテーションについてコメント
  を記入
*持参物:PC(プレゼンテーション実施者のみ)
発表
振り返り
【予習】
・プレゼンテーションのリハーサ
 ルの実施
【復習】
・プレゼンテーション実施時の
 反省点をまとめる
・自己評価レポート(ポートフォ
リオ)の入力
 
90
 
 
30
 
30
13回
●総合プレゼンテーションの実施(2)
 ・個人別プレゼンテーション実施 続き
 (13回〜15回にかけて全員が個人でプレゼン
  テーションを実施する)
*持参物:PC(プレゼンテーション実施者のみ)
 
*指定された期日までに、自己評価レポート(ポート
フォリオ)を印刷し提出する
発表
振り返り
【予習】
・プレゼンテーションのリハーサ
 ルの実施
【復習】
・プレゼンテーション実施時の
 反省点をまとめる
・自己評価レポート(ポートフォ
リオ)の入力
 
90
 
 
30
 
30
14回
●総合プレゼンテーションの実施(3)
 ・個人別プレゼンテーション実施 続き
 (13回〜15回にかけて全員が個人でプレゼン
  テーションを実施する)
*持参物:PC(プレゼンテーション実施者のみ) 
 
*指定された期日までに、自己評価レポート(ポート
フォリオ)を印刷し提出する
発表
振り返り
【復習】
・自分自身のプレゼンテーション
 のビデオ・ファイルを視聴して
 気付いた点をまとめて、今後の
 改善計画をたてる
・自己評価レポート(ポートフォ
リオ)の入力
 
90
 
 
 
30
15回
●自己点検授業
 ・レポートおよびプレゼンテーション実施結果の
  評価を確認
 
●第1週〜第14週の学習内容の振り返りと質疑応答
 
●授業アンケート実施 
振り返り授業
質疑応答
自己点検
アンケート
【復習】
・学習内容全般について確認する
 
90