閉じる


学習支援計画書の照会

授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門科目
専門
応用バイオ専門実験・演習A
Applied Bioscience Major Lab/Exercises A
3 B132-01 5期(前学期)

修学規程第4条を参照

担当教員名 研究室 内線電話番号 電子メールID オフィスアワー



授業科目の学習教育目標
キーワード 学習教育目標
1. 企画・実施・発表
2. 科学的観察
3. 論理的思考
4. プレゼンテーション
5. 実験レポート
基礎実技科目、専門科目および応用バイオ基礎実験などで習得した知識・理論・基礎技術を
基盤にして、より深い理解力、洞察力、応用力を身に付ける。さらに、実験レポートの書き
方を学び、実験内容・実験結果・考察などを論理的に系統立ててまとめ上げ、発表する技法
を習得することを目標にする。

授業の概要および学習上の助言
 以下の実験テーマを実施し、感覚機能、行動の原理、バイオ生産技術について理解する。詳細は、「実験指導書」を確認す
ること。
 
 @人間の視覚機能−立体知覚および眼球運動
 A動物(昆虫)の本能行動とその神秘メカニズム
 B発酵法と微生物変換法による物質生産技術
 
 なお、予習内容に基づいて、積極的・主体的に授業に取り組むこと。

教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし
参考書:指定なし
リザーブドブック:バイオフィルムの発生メカニズムと評価・対策[(株)R&D支援センター]

履修に必要な予備知識や技能
各実験の意義や内容を正しく理解するためには、背景となる専門知識が必要である。従って、関連する専門科目の内容を予め
復習して授業に臨むことが望ましい。また、実験指導書の予習を通じて、実験の目的、キーワードの調査と理解、実験操作の
段取り等を予め把握しておくことも肝要である。

学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
 
@ K,M,N,O 人間の立体感覚および眼球運動の基本特性を説明できる。
A K,M,N,O 生物の行動とその神経メカニズムの基本を説明できる。
B K,L,N,O 発酵と微生物変換による物質生産について、一般的な特徴や長所・短所を説明できる。
C K,O 実験結果について、理論との適合性や差異などを考察できる。
D K,O 実験内容のプレゼンテーションを行えるとともに、議論にも参加できる。
E K,O 目的、方法、結果、考察等を網羅した実験レポートを書くことができる。

達成度評価
指標と評価割合 \ 評価方法 試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 50 0 0 0 50 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 0 10 0 0 0 10 20
思考・推論・創造する力 0 0 20 0 0 0 10 30
コラボレーションとリーダーシップ 0 0 0 0 0 0 10 10
発表・表現・伝達する力 0 0 10 0 0 0 10 20
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 10 0 0 0 10 20

評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験 @  
 
A  
B  
C  
D  
E  
小テスト クイズ @  
 
A  
B  
C  
D  
E  
レポート @
実験の背景知識、方法、結果を正しく理解し、実験結果を論理的・科学的に考察できているかどうかを評
価する。また、科学レポートを執筆するうえで守るべきルールがきちんと守られているかどうかも評価す
る。再レポートでは、指摘事項全てに回答、修正する必要がある。
A
B
C  
D
E  
成果発表(口頭・実技) @  
 
A  
B  
C  
D  
E  
作品 @  
 
A  
B  
C  
D  
E  
ポートフォリオ @  
 
A  
B  
C  
D  
E  
その他 @
発表、口頭試問、出席、課題予習などを評価する。発表・口頭試問では、実験内容と成果を正しく理解し
、実験結果を論理的・科学的に考察できているかどうかを確認する。発表に対する質問について、適切な
議論・応答を行えるかどうかも評価する。行動目標の遂行において、出席状況や学習に取り組む意欲、姿
勢を評価する。
A
B
C
D
E  

具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
指導書に書かれている実験に関して、積極的にもれなく実施し
、実験結果をまとめることができる。また、十分に準備したス
ライドを用いて発表し、質問に対しては適切に回答できる。さ
らに、目的・方法・結果・考察を網羅したフルレポートを提出
すると同時に、添削指導箇所全てに対して正しく回答・修正で
きる。論理的・科学的な考察が十分になされている。
指導書に書かれている実験に関してもれなく実施し、実験結果
をまとめることができる。また、準備したスライドを用いて発
表し、質問に対してほぼ適切に回答できる。さらに、目的・方
法・結果・考察を網羅したフルレポートを提出するとともに、
添削・指導事項に対して回答・修正できる。論理的、科学的な
考察が試みられている。

授業明細

回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1回
・全体ガイダンスおよび各テーマ個別ガイダンス(授
業 の進め方、予習と復習、評価方法についての説明
)
・レポートの書き方               
・ 両視眼差による立体感覚−3次元ディスプレイの
理解 とステレオグラムの作成
・講義と質疑応答 
・実験
【予習】テキストの「ガイダンス
」の節を通読しておく。また、テ
キストの「両視眼差による立体感
覚」を通読し、実験内容を理解す
る。
【復習】「レポートの書き方」に
ついて、理解したうえでノートを
整理しておく。また、実験結果な
どを復習・整理しておく。
60
 
30
2回
両視眼差による立体感覚−ステレオグラムによる奥行
き感覚の測定と理論値との比較
講義と質疑
実験
【予習】テキストの「ステレオグ
ラムによる奥行き感覚の測定」を
通読し、実験内容を理解する。
【復習】実験結果などを復習・整
理する。
60
 
 
30
 
 
3回
眼球運動−両眼共同運動及び輻輳開散運動の計測と理
論値との比較
講義と質疑
実験
【予習】テキストの「眼球運動の
計測」を通読し、実験内容を理解
する。
【復習】実験結果などを復習・整
理する。
60
 
 
30
4回
発表・討論
班毎のプレゼンテーション
討論
【予習】前回までの内容を理解・
整理したうえで、プレゼンテーシ
ョンの準備をする。
【復習】討論を通じて得られた知
見を理解・整理し、関連内容を調
査・考察する。
240
 
 
120
5回
発表・討論
レポートチェック
テーマ別自己点検
班毎のプレゼンテーション
討論
レポートチェック
【予習】前回までの内容を理解・
整理したうえで、実験レポートを
作成する。
【復習】討論やレポートチェック
を通じて得られた知見を理解・整
理し、関連内容を調査・考察する
。
300
 
 
120
6回
動物(昆虫)の本能行動の解析
講義と質疑
実験
予習 (実験内容の理解)
復習 (実験結果の整理)
120
 60
7回
動物(昆虫)の本能行動を司る筋および神経の構造 (解
剖)
講義と質疑
実験
予習 (実験内容の理解)
復習 (実験結果の整理)
120
 60
8回
動物(昆虫)の本能行動を司る神経系の活動の記録と解
析
講義と質疑
実験
予習 (実験内容の理解)
復習 (実験結果の整理)
120
 60
9回
発表・討論
班毎のプレゼンテーション 1
議論
予習 (プレゼンテーションの準備
)
復習 (関連内容の調査、実験結果
の考察)
180
 
120
10回
発表・討論、レポート指導
テーマ別自己点検
班毎のプレゼンテーション 2
議論
レポートの講評
レポートの修正指導
予習 (プレゼンテーションの準備
、レポート作成)
復習 (関連内容の調査、実験結果
の考察)
180
 
120
11回
発酵法によるクエン酸の生産
講義と質疑応答、クイズ
実験
【予習】教科書の「発酵法による
物質生産」の章を通読し、分から
ない用語を調べておく。
【復習】行った実験操作を復習し
、実験ノートを整理しておく。
60
 
 
30
12回
クエン酸の回収・定量
微生物変換法による光学活性アルコールの生産
講義と質疑応答
クイズ
実験
【予習】教科書の「発酵産物と菌
体重量の定量」と「微生物変換に
よる物質生産」の章を通読し、分
からない用語を調べておく。
【復習】行った実験操作を復習し
、実験ノートを整理しておく。
120
 
 
 
 
60
13回
光学活性アルコールの回収・精製・検出・定量
講義と質疑応答、クイズ
実験
【予習】教科書の「微生物変換産
物の回収と検出」の章を通読し、
分からない用語を調べておく。
【復習】行った実験操作を復習し
、実験ノートを整理しておく。
60
 
 
 
30
14回
再結晶法と機器分析(高速液体クロマトグラフィー)
レポート提出
講義と質疑応答、クイズ
実験
【予習】教科書の「微生物変換産
物の精製と定量」の章を通読し、
分からない用語を調べておく。
【復習】行った実験操作を復習し
、実験ノートを整理しておく。
60
 
 
 
30
15回
発表・討論
レポート提出・指導
テーマ別自己点検
専門実験・演習Aの総括
自己点検授業
班毎のプレゼンテーション
討論
【予習】前回までの内容を理解・
整理したうえで、プレゼンテーシ
ョン用の資料を作成する。
【復習】討論を通じて得られた知
見を理解・整理しておく。レポー
ト執筆上の注意点、ノウハウ等を
理解・整理しておく。
240
 
 
60