本文へスキップ

金沢工業大学は持続可能な開発目標を支援しています

ジャパンSDGsサミットHEADLINE

第1回ジャパンSDGsアワード受賞団体・SDGsビジネスアワード2017受賞団体を核とし、SDGsにおける日本中の知見を地方に集め、最前線の取り組みや状況を共有するとともに、関係性を強化することを目的として、第1回ジャパンSDGsサミットを開催いたしました。また、イベント2日目には、SDGs時代を担う学生(小・中・高・大学生)を中心に、若者が主役のユースサミットを開催し、次世代に向けた取組みを共創しました。
大変多くの方々にご参加いただき、無事イベントを終えることができました。本イベントの趣旨にご賛同いただき、ご協賛を賜りました皆様、ご参加いただきました皆様に、御礼申し上げます。

サミット報告書を公開しました。【2019.01.19】 




大澤 敏 学長(左) 平本 督太郎 センター長(右)

メニュー

イベント概要|■ セッションご紹介|■ サミットの様子|■ ご協賛企業|■報告書  


イベント概要
日    程2018年10月6日(土)・7日(日) [募集案内][当日パンフレット][報告書
会    場金沢工業大学白山麓キャンパス KITイノベーションハブ
概    要[DAY 1]
第1回ジャパンSDGsアワード受賞団体の取り組みの発展や、組織間のパートナーシップの進展を共有
・スポンサー企業様によるスポンサーセッション
・第1回ジャパンSDGsアワード受賞団体・SDGsビジネスアワード2017受賞団体を核とした
   パラレルセッション
[DAY 2]
学生(小・中・高・大学生)が主役となるユースサミット
・外部からも高い評価を受けているSDGs活動を展開するユース3団体の発表
・金沢工業大学 学生プロジェクト「SDGs Global Youth Innovators」が考案したカードゲー
   ム『SDGs Action cardgame「X(クロス)」』体験
・4チームに分かれたグループワークを通じ、2030年の在りたい未来を描き出し、その実現に
   向けた取り組みの第一歩を宣言
参加者数 [DAY 1]   76名(36機関)
[DAY 2]   78名(24機関)
※のべ参加者数:110名(41機関)


セッションご紹介

10月6日(Day1)のセッションについて、詳細をご紹介いたします。

スポンサーセッション「発達障がい×デジタルテクノロジー」
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
南雲 岳彦 氏
本セッションでは、AI等のデジタルテクノロジーを活用した発達障がい者支援の方法について検討を行います。SDGsは「誰も取り残さない」(No one will be left behind)を基本理念としています。最新テクノロジー活用により、障がいの有無に拘らず、誰もが豊かに暮らすためにどんなことが可能かを考えます。

  
スポンサーセッション「被災地支援と持続可能な都市空間」
コマニー株式会社
塚本 直之 氏 【当日スライド
本セッションでは、持続可能な都市空間をテーマに、特に近年頻発する災害への対応として被災地支援のための各組織のこれまでの取り組みを共有します。また、今後被災地支援・復興のために平時からどのように日本の技術や取り組みを備えておくべきかについて検討を行います。

特定非営利活動法人しんせい 
富永 美保 氏 【当日スライド
株式会社フォルク
三島 由樹 氏 【当日スライド
スポンサーセッション「テクノロジー×平和構築」
株式会社テイコク製薬社
畠山 兼一郎 氏 【当日スライド
本セッションでは、技術開発と平和構築をテーマに、ヘルスケア、環境等の様々な領域で活用できるイノベーティブな技術の活用に関して、各組織のこれまでの取り組みを共有します。また、今後優れた日本の技術や取り組みをどのように平和利用していくべきかについて検討を行います。

 
全日本空輸株式会社
深堀 昂 氏
パラレルセッション「グローバルヘルス」
モデレーター
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
小柴 巌和 氏 【当日スライド
本セッションでは、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジを達成するために、各組織のこれまでの取り組みを共有します。また、今後日本の技術や取り組みを海外へと展開していくべきかについて検討を行います。

パネリスト
サラヤ株式会社
代島 裕世 氏 【当日スライド
パネリスト
公益財団法人ジョイセフ
吉留 桂 氏 【当日スライド
パネリスト
住友化学株式会社
野田 愛 氏 【当日スライド
パラレルセッション「SDGs消費」
モデレーター
金沢工業大学
平本 督太郎
本セッションでは、製品・サービスを提供する企業・組織だけではなく、生産者・消費者が協力して持続可能な生産・消費を実現するために、各組織のこれまでの取り組みを共有します。また、日本の技術や取り組みの素晴らしさを多くの生産者・消費者に広げていくために行っていくべきことについて検討を行います。

パネリスト
パルシステム生活協同組合連合会
杉村 剛是 氏 【当日スライド
パネリスト
株式会社リバースプロジェクト
龜石 太夏匡 氏 【当日スライド
パネリスト
フロムファーイースト株式会社
阪口 竜也 氏 【当日スライド
パネリスト
会宝産業株式会社
近藤 高行 氏 【当日スライド
パラレルセッション「地方創生」
モデレーター
国連大学OUIK
永井 三岐子 氏 【当日スライド
本セッションでは、人口減少する日本、特に地方において、経済・環境・社会の循環を保ちつつ地域を活性化していくために、各組織のこれまでの取り組みを共有します。また、今後日本の地方が培ってきた技術や経験をどのように国際的に発信していくべきかについて検討を行います。

パネリスト
福岡県北九州市
松原 貴宏 氏 【当日スライド
パネリスト
国立大学法人岡山大学
佐藤 法仁 氏 【当日スライド
パネリスト
金沢青年会議所
河上 伸之輔 氏 【当日スライド


サミットの様子

  • DAY 1(10月6日)




集合写真


登壇者 集合写真


平本センター長 ご挨拶


パラレルセッションの様子


パラレルセッションの様子


パラレルセッションの様子


パラレルセッションの様子


スポンサーセッションの様子

  • DAY 2(10月7日)




集合写真


ユースによるプレゼンテーション


ユースによるプレゼンテーション


ユースによるプレゼンテーション


カードゲームの様子


カードゲームの様子


カードゲームの様子


カードゲームの様子


グループワークの様子


グループワークの様子


グループワークの様子


グループワークの様子



ご協賛企業
ダイヤモンドスポンサー
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
プラチナスポンサー
コマニー株式会社
株式会社テイコク製薬社
シルバースポンサー
株式会社エコシステム
ブロンズスポンサー
株式会社すららネット
東亜道路工業株式会社
北菱電興株式会社

SDGs推進センター

〒921-8501
石川県野々市市扇が丘7-1

TEL
076-294-6982

MAIL
kit-sdgs@kanazawa-it.ac.jp


SDGs Global Youth Innovators

SDGsに取り組む学生プロジェクト
+ Facebook
+ Twitter
+ Instagram




「第1回ジャパンSDGsアワード」
SDGs推進副本部長(内閣官房長官)賞 受賞