KITで学びたい方

For Prospective Students

POINT03

さらなる成長へ向けて

企業に長期間勤務しながら学ぶコーオプ教育や、
イノベーション創出のノウハウを学ぶワークショップ、海外留学など、
「規格外」のプログラムがあります。

KITコーオプ教育

KITコーオプ教育への参加は将来のビジネス力を学ぶ機会にも

コーオプ教育は、学生が企業の業務に数か月間従事しながら学ぶプログラムです。短期間・無給で参加する職業体験のインターンシップとは異なり、期間も長く、給与が企業より支払われる点が大きな違いです。学生は企業が担当する寄付講座を受講し、受講した学生の中から選抜された数名が、企業の専門的な業務に数か月間従事します。プログラム参加により、現実社会にある課題に取り組むことができ、第一線で活躍する企業技術者から高度な技術・知識と実践的な学びを得ることができます。金沢工業大学の学びはキャンパス内だけに留まりません。

2020年にはデータサイエンスをテーマにNTT西日本と、2021年にはサーバーセキュリティをテーマにNECグループとプログラムを実施しています。

KITコーオプ教育とインターンシップの比較

KITコーオプ教育 インターンシップ
長期間の雇用 比較的短期間の就業体験
教育主導の正課教育。大学と企業が共同でカリキュラムを策定し、専門に関連した業務に従事する(教員もフォロー) 企業主導による就業体験。プログラムは受け入れる各企業が策定する。必ずしも学生の専門に関連した業務に限定されない
原則的に給与を支給 原則的に無給
大学のカリキュラムの一環として事前学習を共同で実施 社会人としての基本を学ぶための体験を得る
企業と大学が共同で管理運営(協定を締結) 企業が主体で管理運営

SRI Introduction to Innovation ワークショップ

「SRI Introduction to Innovation ワークショップ」はイノベーションを起こすプロセスを学ぶためのプログラムです。技術者には、社会を変えるイノベーションを起こすことが期待されますが、イノベーションにはプロセス、つまり手順・過程があります。ワークショップを通して学べば、天才でなくともイノベーションを起こす特別なスキルを身につけることができます。

このワークショップは、SRI インターナショナルと金沢工業大学が共同で実施しています。スタンフォード大学によって設置されたSRIインターナショナルは、世界最高峰の研究開発機関であり、コンピュータのマウスやインターネットのURL、iPhoneのSiriなどいくつものイノベーションを生み出してきました。

ワークショップでは「イノベーション5つの原則」に沿って、自分自身の研究テーマや実現したいアイデアを市場ニーズや顧客視点でとらえ、新しい顧客価値をチームで創造するノウハウを実践的に学びます。英語コース、日本語コースを選べます。

海外留学

英語力の向上、将来のグローバルな活動などをめざした海外留学のプログラムがあります。

長期留学プログラムの留学先には、アメリカのロチェスター工科大学、ローズ・ハルマン工科大学、イギリスのレスター大学があります。英語を学ぶほか、専門の授業を留学先で受講することができます。

また、大学院で情報工学を専攻する学生が、金沢工業大学とロチェスター工科大学の両大学院で学び、修了要件を満たすことで、最短2年間で日米2大学の修士号を取得することができる「デュアルディグリープログラム」も。

短期留学プログラムには、ニュージランドとイギリスへの語学留学プログラムがあります。また、プロジェクトデザインの国際版「ラーニングエクスプレス」では、多国籍の学生とチームを組み、地域発展や環境保全の観点から東南アジア各国の現地ならではの問題発見・解決に向けて協働します。

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.