KITで学びたい方

For Prospective Students

POINT01

「自ら考え行動する技術者」へと成長する学び

4学部12学科で技術者としての専門知識、
チームで社会の問題発見・解決する実践的なスキルを身につけます。

プロジェクトデザイン教育

プロジェクトデザイン教育は、問題発見から解決にいたる過程・方法を5~6人のチームで実践しながら学ぶ、全学生必修の金沢工業大学オリジナルの教育です。

社会に潜む問題は、数学の問題とは異なり、唯一の正解があるものではありません。さまざまな要因に囲まれており、それらを多様な視点で考えることで、最適解を出したり、イノベーションと呼ばれる新しい解決策を生み出すことができます。

プロジェクトデザインの授業では、ユーザーはどんなものを必要としているのか、そこに潜む問題を発見し、知識やアイデアを組み合わせて解決策を考えます。さらに解決策のプロトタイプをつくり、実験により問題解決を実現できるかを検証・評価します。

活動の単位は5~6人のチーム。企業のものづくりであっても、技術者一人きりではなく、チームで取り組むことが大半です。チームでのコミュニケーション・ディスカッションを通して、専門科目で学ぶ知識だけでなく、その知識を活用できる実践的なスキルを、プロジェクトデザインを通して身につけることができます。

  • プロジェクトデザイン実践(2年次後学期)
    学生たちが、高校のオンライン授業を企画・実施。心理科学科に興味をもってもらうことをテーマとして、学生らが取り組みました。高校生へのインタビュー、高校へのプレゼンから当日の授業運営、効果検証などを行いました。
  • プロジェクトデザインⅡ・実践(2年次)
    近隣自治体から提供される実践的なテーマに取り組むことも。白山市から提供された「防災意識の向上」のテーマに取り組んだのは経営情報学科のチーム。防災スキルを身につけられる実践的な防災訓練について考え、災害時に骨折した人への処置方法を教える体験教室を開催しました。
  • プロジェクトデザインⅠ 英語コース(1年次後学期)
    プロジェクトデザインⅠ・Ⅱには、ディスカッションから成果物の制作、発表までをすべて英語で行う「英語コース」も用意されています。英語の実践力を向上させることができ、留学を予定する学生や、将来国際社会で活動したいと考える学生たちが受講しています。

データサイエンス・AI教育

金沢工業大学では、これまでの数理科目に加えて、データサイエンスとAIの素養を身につけるプログラムを整備しています。1年次の必修科目「AI基礎」では、AIの基本機能や活用例について実例を通して学び、AIによる画像認識・自然言語処理の基礎などを理解します。

2022年度入学生からは、データサイエンスを学ぶ3科目が1年次から履修する必修科目に。データサイエンスとは、社会の様々なデータを数学、統計学、コンピュータサイエンスの手法を用いて解析し、データを読み解くことで、社会の発展に役立てる学問分野です。全学生がデータサイエンスの「読み・書き・そろばん」にあたる基礎を学習し、所属学科の専門分野でその力を十分に発揮します。

また、AI・データサイエンス、IoT、ICTに関する発展的な内容を学べる「AIとビッグデータ」「IoTとロボティクス」「ICTと情報セキュリティ」のコースも設けられています。

4学部12学科という選択肢

約6,800名の学部生・大学院生が学ぶ金沢工業大学。最大の工学部をはじめ、情報フロンティア学部、建築学部、バイオ・化学部の4学部12学科から構成されます。どの学科も産業と密接に結びついており、将来の技術者として成長できるカリキュラムが用意されています。

就職内定率99.9%。充実の就職支援

就職率の高さは、学生たちの成長の証。上場・大手企業・公務員・教員の割合は66.8%に上ります(2021年3月卒業生)。金沢工業大学の学びの仕組みを活用し、プロジェクトへの参加等を通して成長した学生たちが、希望の進路を実現しています。

スムーズな就職活動を支えるのが、進路開発センターです。キャリアカウンセラーの資格を持つスタッフが学生の相談に対応し、1人1時間で履歴書添削や面接指導などを個別指導しています。インターンシップへの参加をサポートするほか、キャンパス内での企業説明会の開催、東京・大阪・名古屋・新潟・仙台・山形・広島・岡山への就職活動支援バスも運行しています。

研究職や開発職などの高度な職種をめざす場合は大学院へ。大学院2年間でさらなる専門性を身につければ、進路の幅が広がります。大学院の就職内定率は100%です(2021年3月修了生)。

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.