田中 泰司


准教授・博士(工学)

田中 泰司

TANAKA Yasushi
最終更新日 2020/04/01

富山県高岡高校出身

■略歴
東京大学工学部社会基盤システム計画学科卒。東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻修士課程修了。2004年長岡技術科学大学助手、2008年同助教。2006年博士(工学)取得。2015年東京大学生産技術研究所特任准教授。2018年本学准教授就任。

■専門分野
専門:コンクリート工学、維持管理工学
論文・著書:論文:「Remaining fatigue life assessment of damaged RC decks」など。著書:「新設コンクリート革命(分担)」
受賞:吉田研究奨励賞(土木学会)、プレストレスト工学会賞(論文部門)、道路と交通論文賞(高速道路調査会)、土木学会田中賞(論文部門)、日本コンクリート工学会論文賞 ほか

■横顔
土木構造物の老朽化問題を解決するための研究をしています。建築学科を志していたはずが、気付いたら土木の学科に進んでいました。父方の旧姓は土木(“どろのき”と読みます)。土木とは切っても切れない縁を感じています。

■趣味
新潟清酒達人検定 金の達人(1級相当)。1970年代のロックミュージックが好きです。

■近況
トンネルや橋の現場調査から数値解析によるシミュレーション・機械学習といったバーチャル世界の研究開発まで、多様な分野の方々と共同で研究を行っています。

■所属学科
工学部 環境土木工学科