影山 和郎

高信頼ものづくり専攻専攻主任
高信頼理工学研究センター所長

教授・工学博士

影山 和郎

KAGEYAMA Kazuro
最終更新日 2022/04/29

■略歴
1971年
 
3月
 
東京都立田園調布高等学校 卒業

1976年
 
3月
 
東京大学 理科T類・工学部 精密機械工学科 卒業

1978年
 
3月
 
東京大学大学院 工学系研究科 精密機械工学専攻 修士課程 修了

1981年
 
3月
 
東京大学大学院 工学系研究科 舶用機械工学専攻 博士課程 修了

1981年
 
4月
 
通商産業省 工業技術院機械技術研究所 

1985年
 
10月
 
通商産業省 工業技術院機械技術研究所 主任研究官 

1988年
 
12月
 
東京大学 工学部船舶工学科 助教授 

1997年
 
7月
 
東京大学大学院 工学系研究科環境海洋工学専攻 教授 

2006年
 
4月
 
東京大学 技術経営戦略学専攻 教授 

2008年
 
4月
 
東京大学 人工物工学研究センター センター長 

2009年
 
4月
 
東京大学 産学連携本部 本部長 

2011年
 
7月
 
革新炭素繊維基盤技術開発(NEDO) 統括責任者 

2014年
 
4月
 
金沢工業大学 革新複合材料研究開発センター 客員教授 

2018年
 
4月
 
金沢工業大学 大学院工学研究科 高信頼ものづくり専攻 教授 



■専門分野
専門:技術開発学、信頼性工学、構造力学、材料力学、破壊力学、構造ヘルスモニタリング、光ファイバセンサ、非破壊評価、炭素繊維、複合材料

■研究業績
業績ページへ

■学生へのメッセージ

炭素繊維を強化材料とした複合材料を中心に、それらの力学特性を評価・解析する基礎研究を長年続けています。関連して、航空機、宇宙機器、自動車、船舶・海洋構造物、建築・土木への複合材料の適用を目指した応用研究を行っています。光ファイバセンサを使った構造モニタリングシステムを新たに開発し、大学発ベンチャーを設立して技術移転しました。この技術は学生のうっかり勘違いから発見された現象を工学的に活用したものです。新しい技術は今までにない発想から生まれます。学生の皆さんには、常に好奇心と探究心を持って新しいことにチャレンジしてほしいと思います。



■担当科目
安全安心な多機能・高信頼複合材構造システム基盤研究(影山和郎)  コーオププログラム(高信頼ものづくり専攻)  コーオププロジェクト(高信頼ものづくり専攻)  

■所属学科
大学院工学研究科 高信頼ものづくり専攻