笠森 正人


教授・博士(工学)

笠森 正人

KASAMORI Masato
最終更新日 2020/06/30

石川県金沢泉丘高校出身

■略歴
福井大学工学部工業化学科卒業、同大学大学院工学研究科(工業化学専攻)修士課程修了、石川県工業試験場化学食品部、特産意匠部、製品科学部、金沢工業大学大学院工学研究科博士課程(材料設計工学専攻)修了、石川県工業試験場繊維生活部、石川県産業創出支援機構プロジェクト推進部、石川県工業試験繊維生活部長、化学食品部長、九谷焼技術センター所長を経て、2017年本学教授就任。

■専門分野
専門:プラスチック・複合材料物性
論文・著書:「エポキシ樹脂ならびに炭素繊維強化プラスチックのクリープ変形と破壊に関する研究」(学位論文)ほか
受賞:1992年度日本材料学会論文賞

■横顔
前職ではプラスチック、複合材料、漆、繊維、金箔、食品、珪藻土、九谷焼など種々の製品開発やその材料について携わって来ました。これらの経験を活かして製品や材料をさらに深く考えるとともに、知識を伝えて行きたいと思っています。

■趣味
読書、絵画・映画鑑賞

■近況
天気が良いと朝から白山が一望でき、夕方は日本海に沈む夕日が見えていつもリフレッシュさせて貰っています。ただ、冬は風が強く大変です。現在、地元神社のお世話もしており、慌ただしい日々を過ごしています。

■所属学科
基礎教育部 基礎実技教育課程