山口 照英

加齢医工学先端技術研究所所長

教授・理学博士

山口 照英

YAMAGUCHI Teruhide
最終更新日 2022/04/29

■略歴
1974年
 
3月
 
神戸大学 理学部 生物学科 卒業

1976年
 
3月
 
神戸大学大学院 理学研究科 生物学専攻 修士課程 修了

1976年
 
4月
 
東京都臨床医学総合研究所 研究員 

1977年
 
10月
 
国立衛生試験所 主任研究官 

2004年
 
4月
 
国立医薬品食品衛生研究所 遺伝子細胞医薬部長 

2010年
 
4月
 
医薬品医療機器総合機構 テクニカルエキスパート 

2012年
 
4月
 
国立医薬品食品衛生研究所 抗体プロジェクト 主任研究員 

2015年
 
4月
 
日本薬科大学 客員教授 

2016年
 
6月
 
金沢工業大学 金沢工大研究センター 加齢医工学先端技術研究所 教授 



■専門分野
専門:遺伝子治療、細胞治療、再生医療

■研究業績
業績ページへ

■学生へのメッセージ

加齢医工学先端技術研究所は高齢化社会に伴う新たな医療技術の基盤整備を目指す研究開発を目的として設立された。これまでの本学の医工学進展の流れを加速させることが日本の高齢化社会に対する大きな貢献となると考えられる。 本研究所では、特にこのような高齢化社会のニーズに対応するために、再生医療や遺伝子治療などの先端医療の基盤技術の開発を目指している。再生医療としては血管再生医療として血管のもとになる血管内皮前駆細胞の開発とその有用性確保ための免疫制御能をもつ血管床の開発などの関連技術の開発を行っている。また遺伝子治療としてはゲノム編集技術の安全性に関連する教科技術の開発研究を実施している。



■所属学科
金沢工大研究センター 加齢医工学先端技術研究所