廣瀬 康夫

副学長
研究部長
FMT研究所所長
航空システム工学研究所所長

教授・博士(工学)

廣瀬 康夫

HIROSE Yasuo
最終更新日 2022/04/29

■略歴
1973年
 
3月
 
大阪府立北野高等学校 卒業

1977年
 
3月
 
京都大学 工学部 航空工学科 卒業

1979年
 
3月
 
京都大学大学院 工学研究科 航空工学専攻 修了

1979年
 
4月
 
川崎重工業(株) 航空宇宙事業本部航空宇宙事業部技術部構造設計課 

2001年
 
4月
 
京都大学 工学部物理工学科 非常勤講師 

2007年
 
4月
 
川崎重工業(株) 航空宇宙カンパニー技術本部民間航空機設計部民間機設計課 課長 

2009年
 
4月
 
川崎重工業(株) 航空宇宙カンパニー技術本部民間航空機設計部 上級専門職 

2010年
 
4月
 
金沢工業大学 工学部 機械系 航空システム工学科 教授 

2018年
 
4月
 
金沢工業大学 工学部 航空システム工学科 教授 

2020年
 
4月
 
金沢工業大学 副学長 



■専門分野
専門:き裂進展抑制、発泡コアサンドイッチ構造、耐損傷性、航空機構造、複合材料

■研究業績
業績ページへ

■学生へのメッセージ

私は、航空機メーカー出身の教員で、航空機の研究、開発、設計、製造の仕事に30年間従事していました。金沢工業大学には、2010年に赴任して航空システム工学科を担当しています。本学の建学の綱領(「人間形成」、「技術革新」、「産学協同」)や自ら考え行動する技術者を育成するという大学の方針は、企業での勤務経験と共通する部分が多いので、大学の教育・研究を通して社会に役立つ人材を育成したいと思っています。
また、近年、広範囲な自然災害が多発し深刻な被害状況の報道に接すると自然の猛威の前には人間の営み、とりわけ科学技術の成果も無力であることを思い知らされます。しかしながら、同時に、人の命を救い社会を守る最後の砦の一つが科学技術であるという思いも強く感じます。
このような環境下で、大学としても産学連携による教育・研究の充実を図り、今後はさらにこの環を広げ、グローバルなビジネスの最前線で活躍できる人材の育成を目指します。学生の皆さんも、古都金沢の落ち着いた雰囲気の下で充実した学生生活を過ごし、自分の目標達成に向かって進んください。



■担当科目
航空入門  航空システム専門実験・演習A  プロジェクトデザインV(廣瀬康夫研究室)  航空構造力学  ビークルシステム工学研究(廣瀬康夫)  革新航空機特論  

■所属学科
工学部 航空システム工学科