KITの特色ある教育

基礎実技教育

チームで問題発見・解決に取り組む

KITはチームで問題発見・解決に取り組む「プロジェクトデザイン教育」をカリキュラムの中心に置いています。技術者の問題発見・解決のプロセスを実体験することで、獲得した知識を知恵(応用力)に転換を図ります。

学習・教育目標

現在、技術者には専門知識と実践スキルのバランスを重視した実践的なイノベーション力が強く要望されている。本課程では、プロジェクトデザイン活動から実践的イノベーション力を身につけた「自ら考え行動する技術者」となる人材を育成する。このプロジェクト活動では、チームによる問題発見、情報収集、問題解決のアイデア創出、作品制作や実験によるアイデアの検証など多くのイノベーション手法を学ぶ。

キーワード
  • 問題発見/解決
  • 自学自習
  • 思考力
  • コミュニケーション

科目群の学習・教育目標

本科目群では、自分たちの気づきや興味・関心に基づき対象を選び、「問題の解決」や「現象の機構の解明」を目指した探究活動をチームで行う。収集した情報やデータに基づき、現状の把握・課題の明確化・問題発生の原因分析・制約条件の把握・問題への解決提案を行う。また、収集した情報やデータに基づき、対象の明確化・解明方法の考案・現象の特徴/特性の把握と分析・現象の機構を示す仮説の設定を行う。そして、解決提案の有効性・受諾性を評価する。また、既知の理論・原理との比較から有効性を評価する。
これらの、一連の活動を通して、解が多様な問題に取り組むことができる、個々の知識を集約して問題解決のために活用することができる、新しい課題を探求し創造的に見出していくことができる力を養う。

コンピュータ利用の基礎知識

コンピュータを適切かつ効率的に活用できるように、まずWindows、セキュリティ対策、ハードウェアおよびソフトウェアのインストール、ネットワーク設定などコンピュータの基礎知識と実践的な運用ができる。Word、Excel、PowerPointなどを使い、情報の収集や収集した情報の整理を効率よく行い、自己の考えや成果物を正確に伝えることができる。

科目ピックアップ

「プロジェクトデザイン入門」(1年次前学期)

プロジェクトデザインの目的・背景、アイディアを創出するためのドローイング、コミュニケーションのためのドローイング、実験に関する安全、レポートやグラフの書き方、考察法について学びます。

「プロジェクトデザインI」(1年次後学期)

教員が提示するメインテーマをもとに、学生チームは問題発見活動を行い、プロジェクトテーマを設定します。プロジェクトデザインのプロセスを経てアイディアをまとめレポートを作成するとともに発表を行います。

「プロジェクトデザインII」(2年次前学期)

前年度のプロジェクトテーマをもとに、既存の製品や特許の調査、市場や顧客のニーズの調査と検証を行い、自チームの具体的な取組課題を設定します。次に取組課題に対する目標を設定し、種々の解決策の中から実現性の高いアイディアを選定し、そのコア部分の概念設計(企業でいう仕様書に相当)を行います。

「プロジェクトデザイン実践」(2年次後学期)

「プロジェクトデザインII」で行った概念設計の一部を取り上げ、実証的評価(実験およびソフトウェア的実習)を行い検証します。「CDIO」(Conceive,Design,Implement,Operate 思いつく、設計する、実行する、運営する)の「CDI」までを同じプロジェクトテーマで実践します。

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.