記事詳細

エネルギーの地産地消に向けた実証実験。電気電子工学科の泉井研究室、機械工学科の藤本研究室、ロボティクス学科の鈴木研究室が取り組む研究を動画で紹介

金沢工業大学が行うエネルギー関連の研究を取材した報道企画番組が、テレビ金沢で3月24日(水)に放映されました。

金沢工業大学では、白山麓キャンパスにある地方創生研究所を中心に、エネルギーをテーマとしたさまざまな研究が行われています。再生可能エネルギーのベストミックスを探りエネルギーを地産地消する実証実験、EV(電気自動車)を仮想配電網と見立て電気を運ぶ実験、バイオマスボイラを使った熱エネルギーと電気エネルギーの活用などがあります。さらに、2020年後半には、鯉の養殖場のパイプラインを活用したナノ水力発電の共同研究もスタートしています。教員だけでなく、学部生・大学院生も研究に携わり、研究に大きな役割を果たしています。

この番組の動画をご覧いただけます。

取材研究室:

電気電子工学科 泉井研究室

機械工学科 藤本研究室

ロボティクス学科 鈴木研究室

(公開期間:2021年7月1日まで)

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.