夢考房 -YUMEKOBO- 金沢工業大学

夢考房カレンダー サイトマップ
トップページ 夢考房とは 夢考房の機能 サポート体制 スタッフ FAQ 夢考房プロジェクト
トップページ > 夢考房プロジェクト > RoboCup@Home
夢考房プロジェクト それぞれの夢のカタチ
RoboCup@Home
人々の生活を幸せにする生活支援ロボットの開発を目指す

RoboCup@Homeプロジェクトは、2016年より、「人々の生活を幸せにする生活支援ロボットを開発する」ことを目的に活動しています。
技術力向上・検証のためRoboCup@Homeリーグに出場し、その過程を通じて、ロボットの開発能力やプログラミング能力の向上、チーム活動を通じて人間力向上を目指しています。
2021年度は、World Robot Challenge 2020 愛知大会ジュニアカテゴリー では4チーム中2位、RoboCup Asia Pacific 2020 Aichi Japan では Techinical Awardを受賞しました。
2022年度は大会でのデバッグ効率化やハードウェアでの制限緩和のため複製機体の製作を行っています。
また、RoboCup Asia-Pacific 2022とRoboCup Japan Open 2022に参加し、開発した機体の評価を行います。

プロジェクトの構成・目標・活動内容については今後、変更することがあります。

背景 人々の生活を幸せにする生活支援ロボットの開発
ビジョン 人々の生活の中で、安全に人の役に立つ生活支援ロボットの実用化
今年度の目標 複製機体の開発
RoboCup Asia-Pacific 2022 @Home education League 優勝
RoboCup Japan Open 2022 @Home education League 優勝
現状 RoboCup Asia-Pacific 2021 @Home education League 総合3位(Techinical Award受賞)
RoboCup Japan Open 2021 @Home education League 総合6位
課題 画像認識の精度向上とデータセット作成時間の短縮
文章整形の精度向上による人との自然なコミュニケーション
ロボットのメンテナンス性向上
自律移動の精度向上

2022年度 出場大会スケジュール
大会結果・活動報告
公式Twitter
公式LINE
YouTube
「RoboCup@Homeプロジェクト」サイトへ

 
トップページ
夢考房プロジェクト
概要
大会スケジュール
大会結果・活動報告
年間スケジュール
プロジェクト全体組織
プロジェクト紹介
ソーラーカー
エコラン
人力飛行機
ロボット
義手研究開発
建築デザイン
メカニカルサポート
フォーミュラカー
小型無人飛行機
組込みソフトウェア
人工衛星開発
RoboCup@Home
NHK高専ロボコン
ご支援いただいている企業様一覧
工学アカデミア計画
ページの先頭へ  
金沢工業大学 夢考房 〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-294-6749(内線3800)/FAX:076-294-6724 Copyright c 2022 Kanazawa Institute of Technology
金沢工業大学ホームページ