グローバル知的財産 履修

グローバルマーケットを切り開く知財スキルを修得する

知財マーケットとして、日本以上に米国、欧州、そして中国をはじめとするアジア諸国が重要です。今日、企業の経済活動はグローバル化し展開されています。しかし、特許権は、各国毎に成立しており、その国内においてのみ効力を有しています。そのため、日本の特許制度のみを理解しても、必ずしも国際的なビジネスに対応することはできません。そこで本履修例では米国、欧州、アジア各国の特許法や制度を中心とした、実務とその問題点について体系的に学ぶことができます。講義は日本の特許制度をベースにアプローチしていきます。日本の特許制度・特許法に理解のある方、あるいは知的財産管理技能検定2級レベルの知識を有する方の受講を推奨しています。

対象者

・グローバル特許戦略の実現を目指す方
・『知的財産管理技能検定 2級』レベル の知識を有する方 など

講義内容

講義名 担当講師 到達(修得)目標 開講学期
米国特許特論 香島 拓也 米国特許制度の概要を知り、知財プロフェッショナルとして米国における権利取得までの手続を行なえるようになる。また、当該手続に対して適切なアドバイスを行なえるようになる 3学期
中国・韓国特許特論 秦 玉公
康 應善
中国(アジア)の知的財産に関する法律の基本体系、特許出願・中間処理・権利行使に関する実務、知的財産権保護、法律整備、及び日本法との違い、中国(アジア)へ進出する際の留意点とその保護の具体的な実務を理解する 3学期
欧州・アジア特許特論 酒井 宏明
バパット・ヴィニット
欧州・アジア特許制度の概要を知り、知財プロフェッショナルとして欧州・アジア諸国における権利取得までの手続を行なえるようになる。また、当該手続に関して適切なアドバイスを行なえるようになる 4学期
グローバル特許実務特論 紋谷 崇俊
  1. 米国を中心とする、主な海外の特許制度の概要・特徴がわかるようになる
  2. グローバルな特許実務及びその対応方法・動向がわかるようになる
  3. 諸外国と対比することで、我が国の特許制度の理解が深まる
4学期

4科目/4単位 240,000円

3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
KIT院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
ゼミ指導Pickup(詳細へリンク)
ゼミ指導Pickup
深い議論と発表の繰り返しが
専門性と実践力を高める。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2019年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン