未来社会に不可欠な高信頼ものづくりを追求

研究指導領域: デバイス



キーワード

◆ 半導体デバイス技術
◆ 信頼性解析
◆ 放射線センサ
◆ プラズマ技術

概要


本領域の対象とするデバイスは、単一機能を備えた素子(半導体レーザ、センサなど)、それらを集積化したもの(LSIなど)、複数のチップを用いたモジュール(MEMSなど)、さらには関連するシステムまでを包含しており、それらは、社会、産業の様々な分野に広く用いられている。今後ますます、高性能化、高機能化、および高信頼化が求められる次世代デバイス開発分野では、素子構造設計、結晶成長、各種形成プロセス(プラズマによる加工・改質など)、素子特性評価、組み立て・実装などの要素技術の高機能化と共にこれらを駆使して、総合的にプロジェクトを遂行する必要がある。したがって、企業の製品開発の最前線では、このような広い視野と高い見識をもってプロジェクトをリードすることができる高度専門技術者が不可欠である。

本専攻のデバイス領域では、開発現場の諸課題を高い専門的能力、深い論理的思考能力、要素技術の高度化とそれらの統合化能力などで解決でき、国際的にも通用するデバイス開発のリーダーを養成することを目標とする。

担当教員

●南戸 秀仁

●上田 修

  • プライバシーポリシー
  • 交通アクセス
  • HOME
  • 金沢工業大学

扇が丘キャンパス 石川県野々市市扇が丘7-1
All rights reserved by 金沢工業大学