未来社会に不可欠な高信頼ものづくりを追求

【社会人特別聴講制度】 概要・特色

社会人特別聴講制度とは?

●社会人(社員)が職務上必要とする知識やスキル修得のため、企業様との個別契約により派遣された社員が正規の大学院授業科目を一定の範囲内で履修することができる優遇制度です。

●成績評価および単位認定が伴わないため、聴講にかかる履修料が2分の1に相当する額となります。

優遇措置適用の要件

●企業・団体様に本学と科目等履修生(聴講生)受入に関する協定を締結していただきます。

 [協定書ひながたPDF]

●学生の身分は、単位の認定を行わない科目等履修生(社会人特別聴講学生)に限ります。

●受け入れる学生数は各専攻の運営に支障のない範囲内とします。

●受講資格は原則大学の学部を卒業した者で、社員として従事している者とします。

平成27年度の受講実績

機械系・材料系製造加工関係企業8社より社員10名が受講

講義名 : 高信頼ものづくり専攻特別講義(複合材構造特論)

内容 : 複合材構造の開発、複合材構造の力学、複合材の成形加工、樹脂、航空機、自動車、評価(衝撃)、評価(耐久性)

担当教員 : 鵜澤 潔、田中基嗣、関戸俊英、野間口兼政(客員)、小笠原俊夫(客員)、影山裕史、斉藤博嗣、中田政之 (講義順)

開講期間 : 平成27年10月3日〜11月21日 合計8回

開講曜日と時間 : 土曜日1〜2時限(9:00〜12:20)合計180分

開講場所 : 金沢工業大学八束穂キャンパス 高度材料科学研究センター


この制度についてのお問合せは下記メールアドレスまで:
mono@mlist.kanazawa-it.ac.jp
  • プライバシーポリシー
  • 交通アクセス
  • HOME
  • 金沢工業大学

扇が丘キャンパス 石川県野々市市扇が丘7-1
All rights reserved by 金沢工業大学