教員紹介:専任教員

杉光 一成

写真

教授、Ph.D.

杉光 一成

English Page

現職

  • 知的財産科学研究所 所長

出身大学

  • 東京大学大学院(法学)修士課程修了
  • 東北大学大学院(工学)博士後期課程修了

プロフィール

>>杉光研究室はこちら

東京大学大学院・修士(法学)、東北大学大学院・博士(工学)。(株)東芝・知的財産部等を経て、本学教授(現在に至る)。主な著書として「理系のための法学入門」等。専門は知的財産法(特に意匠法等)に関する先端領域及び学際領域(例えばコピペの問題)。公職歴として参議院・経済産業委員会調査室・客員研究員、総務省「メタバース著作権委員会」委員、政府知的財産本部・知財人財育成検討プランWG委員、東京大学政策ビジョン研究センター・客員研究員(現任)等の他多数。2009年に経済産業省「知財功労賞」受賞。

日本工業所有権法学会正会員、著作権法学会正会員、情報処理学会正会員、日本知財学会正会員。テレビ等の出演として、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト(WBS)」、フジテレビ「世紀の大天才ダヴィンチ 最大の謎と秘密の暗号」、内閣府広報番組「ニッポンNavi」「お宝を生かせ!知的財産が未来をつくる」、J-wave「モーングアイ」、クローズアップ現代「コピペ〜ネットの知とどう向き合うか」等がある。

社会的貢献として、現在、国家試験『知的財産管理技能検定』実施機関・知的財産研究教育財団・専務理事、日本知財学会・理事、東京大学政策ビジョン研究センター・客員研究員(シニア・リサーチャー)、弁理士試験委員を務めている。

その他の主なものとして、経済産業省委託事業(平成17 年、平成18 年)「知財人材のスキルの明確化に関する調査研究」リーダーとして「知財人材スキル標準」を開発、特許庁「知的財産関連人材育成を促進するための調査研究委員会」委員(平成18年〜19年3月)、参議院・経済産業委員会調査室・客員研究員(平成18年9月〜平成19年3月)、経済産業省「標準化に関わる資格検定試験制度運営委員会」委員(平成19年12月〜平成20年3月)、(独)工業所有権情報・研修館「調査業務実施者育成研修評価委員会」委員(平成19年〜平成22年)、総務省「メタバース著作権委員会」委員(平成21年12月〜平成22年3月)、知的財産戦略本部(知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会)知財人財育成プラン検討WG委員(平成23年8月〜平成24年3月)、文部科学省委託事業(東京大学)URAスキル標準策定委員会・委員(平成23年10月〜平成26年3月)、特許庁委託事業(発明推進協会受託)「公的試験研究機関知財活用支援外部委員会」委員、同「マニュアル委員会」委員長(平成26年11月〜平成28年3月)、特許庁委託事業(みずほ情報総研受託)「技術、知財の事業化のための目利きの機能に関する調査研究」委員長(平成26年10月〜平成28年3月)、(独)工業所有権情報研修館「知的財産に関する創造力・実践力・活用力開発事業選定・評価委員会」委員長(平成26年11月〜平成28年3月)等がある。

「知的財産検定」(現:知的財産管理技能検定)という試験の必要性を提唱、開発したこと等により、2008年6月には(財)機械産業記念事業財団の第1回知的財産学術奨励賞において会長大賞、2009年4月には経済産業省から「知財功労賞」(特許庁長官表彰)をそれぞれ受賞。

メッセージ

 石油産出国は、石油資源を外国に輸出することで国富を増大させています。わが国の強みである技術力やコンテンツなどの「知的財産」も一種の「資源」ととらえることができます。外国において知的財産権を確立し、排他的に事業を展開し、あるいは現地企業にライセンスすれば、いずれの場合でも外貨を得て国富を増大させることができます。石油は枯渇すると考えられていますが、知的資源は理論的に無限に産出できるため、物理的資源に乏しいとされる我が国にとっては理想的な「資源」といえます。
 他方、知的資源は「情報」ですので、その管理は容易ではなく、それを可能にするのが法制度となります。
 本大学院では、我が国の知的財産に関する法制度を基礎に、諸外国の法制度や企業におけるマネジメント等を一括して1年間で集中して学ぶことができる画期的大学院です。
 少子高齢化で内需の拡大も厳しい日本が目指すべきは「知的資源立国」以外にはないと考えます。本学への入学は、そのような我が国で重要な一翼を担う人材となるための第一歩となるでしょう。

ご注意
本ウェブサイトには2016年度生向けの情報が含まれています。
ご不明な点がございましたら、虎ノ門事務室までお問合せください。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
ゼミ指導Pickup(詳細へリンク)
深い議論と発表の繰り返しが
専門性と実践力を高める。
資料請求(詳細へリンク)
2016年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00〜20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時〜20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。

このページの先頭へ

  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 企業の方へ
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

プライバシーポリシー

金沢工業大学

金沢工業大学 虎ノ門キャンパス 東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル12F