授業レポート

企業、官公庁、事務所、業界の幅広い分野から招聘した教授陣による多彩な科目。長年の経験に裏付けられた知見を受け取ってください。

メディア&エンタテインメント契約・交渉特論(阿南雅浩/大橋卓生/北谷賢司)
K.I.T.虎ノ門大学院では、メディアやエンタテインメントビジネスの世界市場で通用する人材育成を目的に2012年度より「メディア&エンタテインメントマネジメントコース」を新規開講しています。基礎的な理論や市場の概況にとどまらず、実践的なケーススタディや経営計画・事業計画の作成、さらには具体的なマーケティング企画や法律実務までを、トップクラスの教授陣から学ぶことができるのが最大の特徴です。
 
 
リーダーシップ特論(相川充)
受講生一人ひとりが自らの組織においてリーダーシップを実際に発揮できるようになること。そのためのスキルを具体的に習得することを目標にしています。そのため、授業内では課題や演習を豊富に取り入れています。
 
 
国際交渉特論(一色/高槻/隅田/田村/田中)
全4回(1回・2コマ)からなる本授業。3期の「交渉学要論」で学んだ交渉の基礎を活かし、国際的交渉というさらに難易度の高い交渉に必要な前提知識と戦略シナリオの作成方法を学びます。本授業の特長の1つが、5名の交渉の実務家と専門家による「チームティーチング」。
 
 
組織人事マネジメント要論(鳥谷陽一)
講義を担当するのは鳥谷陽一客員教授。産業能率大学にて企業内教育を中心にした人事コンサルティングに従事されたのち、2001年から2010年まで、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)にて評価、報酬、組織開発など大型プロジェクトにコンサルタントとして従事してこられました。現在は同グループ内のヒューマンキャピタル部門を統括しておられます。
 
 
メディア&エンタテインメント産業要論(北谷賢司)
基礎的な理論や市場の概況にとどまらず、欧米の専門職大学院でも紹介される実践的なケーススタディや経営計画・事業計画の作成、さらには具体的なマーケティング企画や法律実務までを、トップクラスの教授陣との真剣勝負の中から学ぶことができる環境を整備しました。
 
 
特許・実用新案法令特論3(加藤公延/松縄正登)
前半(6コマ)を担当するのは知的創造システム専攻の専任教授である加藤公延 先生。SHINSEI特許事務所の所長として30年以上の実務経験を持つ加藤(公)先生は、特許請求の範囲や、明細書の記載要件など、出願手続について講義を行います。
 
 
アントレプレナーシップ特論(児玉知浩)
ビジネスアーキテクト専攻 3期に開講している「アントレプレナーシップ特論」では、ビジネスプランの策定を軸に、実践的なベンチャー事業の立ち上げ及び経営において踏まえるべきポイントや成功の秘訣を学んでいきます。
 
 
意匠法令特論1(杉光一成)
授業を担当するのは杉光一成教授。杉光教授は、電機メーカーの知的財産部、特許事務所、経済産業省「産業競争力と知的財産を考える研究会」委員等を経て、本学の専任教授および知的財産科学研究センター長に就任。主な著書(編著・共著含)として「理系のための法学入門」、「知的財産管理&戦略ハンドブック」などがあり、特許関連の各種委員や学会での発表等にも積極的に取り組まれています。
 
 
企業財務特論2(大信田博之)
今回取り上げるのは「企業財務特論2」のメインテーマでもあるM&Aです。その言葉はニュース等で頻繁に耳にするものの、実際にどのようなプロセスで行われているのか?取引価格はどうやって決定しているのか?といった実体面を知る機会はほとんどありません。
 
 
意匠法令特論2(青木博通)
この科目のテーマである「意匠」。知財を勉強していない方でも何となく聞いたことのある言葉だと思いますが、いわゆるデザインのことです。なかでも、意匠法における「意匠」とは、美術品などの一般的なデザインではなく、工業的生産過程を経て反復生産され、量産される物品のデザインのことを指します。
 
 
工業所有権関連条約特論1(鶴谷裕二)
経済のグローバル化の進展に伴い、知的財産実務の現場では、日本だけでなく国際的な知的財産の知識が必須になっています。本講義では「世界的に通用し使える特許権を取得するためには、どうしたらいいか」を常に考えながら、国際的な法的フレームワークを俯瞰します。
 
 
国際標準化実務特論(丸島儀一/ゲスト講師陣)
「標準化戦略」「技術標準化活動」を知的財産経営の中でどう事業競争力の強化につなげていくか。全15回の講義を担当するのは、前回のブログでもご紹介したキヤノン知財部おいて長年先導的役割を果たしてこられた丸島儀一教授をはじめとする豪華ゲスト講師陣。
 
 

前へ

次へ

ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン