講義科目の詳細

技術商業化特論
Technology Commercialization

担当教員

受講対象者

企業等において、研究開発、知的財産の管理活用に携わる方。大学知財部、TLO等、研究機関において知的財産マネジメント、 研究企画、戦略策定を担当するコーディネーター、リサーチアドミニストレーター等、関連業務に関わる方。 また将来的にこれらの業務を目指す方

授業の主題と概要

技術商業化特論は、知的財産創造サイクルにおける知財の「創造・保護・活用」のうち、特にアカデミアの知識の「活用」システムとして最も重要な、ライセンシングとベンチャー創出を中心に講義を行います。 本特論では、まず、化学系のアクティブな大学教授の研究室の実際の活動に基づくケース(事例)と関連説明を通じ、大学の研究とライセンシング、ベンチャー起業との関係を理解します。その上で、日本の第一線で活躍する、TLOの社長とベンチャーキャプタルの取締役から、実務経験にもとづく現状、可能性、課題について紹介いただきます。最終回では、事前課題にもとづき、第一回で通読したケースを掘り下げるが、技術の商業化、起業に必要な資源に注目し、その創出プロセスに注力する点が産学連携・技術移転特論と異なります。両特論と合わせて受講することで、日本における産学連携の全体像を包括的に理解できます。

到達(習得)目標

以下の項目について、実際の業務イメージをもち、考え方を理解することを目標とする

1)大学TLOの活動と意義
2)大学発ベンチャーの成長プロセスとベンチャーキャピタルの活動
3)アクティブな研究者の活動を基盤とした複雑な研究開発活動のマネジメント

講義スケジュール

講義
回数
講義テーマ
1 ガイダンス:
本科目全体の構成をケース(事例:企業へのライセンスと大学発ベンチャーへつながる研究開発プロジェクト)の
通読とその説明から把握する。また簡単な質問形式で受講生のニーズを把握し2回目以降の講座に反映する
2 大学研究成果の技術評価:
大学研究成果のライセンス:技術移転の代表的なパスであるライセンスの概況把握、政策的、
歴史的背景(日本のモデルであるアメリカの大学における技術評価手法等、バイドール法の
意味も含め、技術移転の全体像を理解する)
3 日本の大学TLO:
最もアクティブに活動し代表的成功例といわれる東大TLOの創設者山本氏より、
プレマーケヒング、ライセンシングなどTLO活動の実際、成功事例をその醍醐味や苦労も含めて
直接伺う
4 ベンチャー企業の創出と成長:
研究開発型ベンチャーの実際、政策的意義(技術シーズをコアとする大学発ベンチャーの成長プロセス、
必須の要件、利益相反マネジメントとその課題を理解する)
5 ベンチャーキャピタル(VC)からみた知財事業化:
大学発ベンチャーへの知財をコアとした投資スキームを発想した第一人者のDBJキャピタル(株)山口氏より、
ベンチャーファイナンスの動向、VCからみた知財の評価、事業化の課題を、豊富な事例を含めて伺う
6 ベンチャー創出のエコシステム:
欧米の大学を核とした経済促進システム(ベンチャー創出支援インフラとしての大学の役割と可能性、
科学技術政策との関係性も含めて理解する)
7 (第7、8回は連続:)
ケースに基づくグループディスカッションと解説(1):
事前課題をもとに、第1回で用いたケースに基づくネゴシエーションのロールプレーを行う。
合わせて、研究者の類型化、産業分野毎の特性の解説も含め、複数のステークホルダーが
関与するプロジェクトのマネジメントの要諦を理解する。
8 (第7、8回は連続:)
上記に加え、知識創造のプロセスとその効果、URA等の研究推進支援専門人材と
その評価方法も含めて解説を行う

開講について

開講時期: 3学期
開講形態: 変則開講※第7、8回目は、2コマ連続で行う予定なので注意
講義回数: 全8回
※状況に応じて、一部変更が生じる場合もございます。予めご了承ください。

テキスト/参考図書

【テキスト】
テキストに該当する資料は、毎回授業時に配布する

【参考図書】
授業中に紹介する。講義全体に関係するものとしては、下記を推奨する

1)産学連携概況把握には「産学連携」 原山優子編著、東洋経済新聞社(2003)
2)企業活動、知財の観点からは「イノベーターの知財マネジメント」渡部俊也著 白桃書房(2012)

3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
K.I.T.院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
ゼミ指導Pickup(詳細へリンク)
ゼミ指導Pickup
深い議論と発表の繰り返しが
専門性と実践力を高める。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2018年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン