講義科目の詳細

特許・実用新案法特論1
Patent / Utility Model Law 1

担当教員

受講対象者

・知的財産プロフェショナルとなるために、特許法・実用新案法に関して専門的な事項を修得することを希望する方

授業の主題と概要

本科目は、特許法の基礎的な理論、保護対象、要件などの実質法的な部分を主として講義いたします。この授業はいわゆる基本書の内容に従い、必要に応じて審査基準や参考文献等を補充して、知的財産プロ フェッショナルとして必要な専門的事項に関する知識を確実に得られることを主題としています。

到達(習得)目標

特許・実用新案法令の基礎的な理論、保護対象、要件などの実質法的な部分に関して、知的財産プロフェショナルとして必要な専門的事項を習得する

講義スケジュール

講義
回数
講義テーマ
1,2 ・講義の進め方について
・知的財産法、工業所有権法における特許法
・特許法の沿革、特許法の目的
・保護対象
3,4 ・産業上利用可能性
・新規性
5,6 ・進歩性
・新規性喪失の例外
7,8 ・先願主義
・拡大先願
・不特許事由
9,10 ・特許を受けることができる者
・特許を受ける権利
・仮実施権制度
11,12 ・職務発明
13,14 ・出願公開制度と補償金請求権
・審査主義と出願審査請求制度
15,16 ・まとめと復習(90分)
・期末テスト(90分)

開講について

開講時期: 1学期
開講形態: 2コマ(180分)× 8日間
講義回数: 全16回
※状況に応じて、一部変更が生じる場合もございます。予めご了承ください。

テキスト/参考図書

【テキスト】
1.中山信弘・特許法(第3版)(弘文堂 法律学講座双書)(以下「中山」)
2.特許庁編・工業所有権法逐条解説 第20版(発明推進協会)(以下「青本」)

【参考図書】
「知的財産権法文集(発明協会)」最新のもの
(または他の知的財産法令集(最新のもの))
※必ず準備のこと

特許庁審査基準(授業使用分は必要に応じて配布)
特許法概説(有斐閣)(吉藤) ※現在新刊なく入手不可能のため必要に応じて授業で言及

※上記は一部追加・変更となる場合もございます。また、指定テキスト及びケースなどは、別途ご購入頂くもので、授業料には含まれておりません。予めご了承ください。

3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
K.I.T.院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
ゼミ指導Pickup(詳細へリンク)
ゼミ指導Pickup
深い議論と発表の繰り返しが
専門性と実践力を高める。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2018年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン