講義科目の詳細

マーケティング・コミュニケーション特論
Marketing Communication

担当教員

受講対象者

・マーケティング・コミュニケーションに関わる職種全般の方々、もしくは今後当該職種を希望する方
・他職種であってもブランドマーケティングに関心があり、理解を深めたい方
・マーケティング用語、マーケティングの概念については、基礎的な知識があることが望ましい

授業の主題と概要

マーケティング・コミュニケーションは、マーケティングの根幹を成す領域です。投資としてのコミュニケーションは従来以上に効果が求められます。人々の情報生活も大きく変化してるなか、マーケティング・コミュニケーションも変革が必要です。生活者とブランド(企業)の関係を構築するコミュニケーションが必要です。最新の実践事例・研究事例に触れ、また自ら企画フレームに載って模擬演習をすることで、生活者・メディアサービスの捉え方、マーケティングコミュニケーションを企画・実践するための基本的な思考フレームを身につけてもらいます。

1.マーケティング・コミュニケーション「モデル」の理解。メディア状況の理解。実践的最新事例の理解
2.毎回の授業での「気づき・アイデア」の「見える化」。模擬演習をつうじての企画フレームの体験


【マーケティング・コミュニケーション特論】 ≫授業レポートはこちら

到達(習得)目標

1.マーケティング・コミュニケーションの役割を消費構造変化の中で確認する

2.生活者の情報生活の変化の現実に気づき、新たな情報サービスの構造を理解することで、現在のマーケティング・コミュニケーションの本来的な課題を認識する

3.マーケティング・コミュニケーションの新しいフレームの理解を通じて、効果を生む企画の構造を理解する

4.先端的成功事例を担当した実務者との対話を通じて、自分なりの気づきとマーケティング・コミュニケーション業務の本質的な役割を体感する

講義スケジュール

講義
回数
講義テーマ
1 ・マーケティング・コミュニケーション(以下、MC)の役割
実務における「広告会社」の役割 情報・企業の環境変化を知る

・ショート・プレゼンテーションに向けたオリエンテーション
基本的なMC企画フレーム(ゴール設定 企画創案の思考フロー)
2 ・生活者のメディア生活を考える
生活者のメディア生活を知る(データから読み解く)
性・年代別、経年での違い 共通メディア体験などについて考える
マスメディア対ネットメディア 心が動かされる・購買動機になるメディア
3 ・メディアの変化の概観とソーシャルメディア活用法
ソーシャルメディアの特徴・特質を理解し活用可能にする
ソーシャルメディア・スマートデバイスの普及・活用事例研究
4 ・特定コンテンツファンを捕まえる方法と活用
「コンテンツへの興味関心」でセグメントしブランドファンを作る
ファン・マーケティングビジネスの実際(事例研究)   
5 ・新しいMCモデルの発想
「ポスト接触効果」時代の広告・MCモデル
効果指標(接触、認知、行動喚起、情報共有、ロイヤリティ)との関係、各モデルの有効性の検討
6 ・PDCAマネジメントの実際
ビッグデータ時代のMCの実務実態を知る
マーケティングPDCAを実践するワークフロー、必要なデータ、分析機能、組織機能
7 ・ショート・プレゼンテーション(演習)
受講生各自の課題意識に応じたテーマでプレゼンテーション
8 ・ショート・プレゼンテーション(演習)
これからのマーケティング・コミュニケーションの「成功構造仮説」各人の仮説・発表。討議

開講について

開講時期: 3学期
開講形態: 1コマ(90分)×8日間
講義回数: 全8回
※状況に応じて、一部変更が生じる場合もございます。予めご了承ください。

テキスト/参考図書

【テキスト】
既存のテキストは原則、用いない
※ 講師自作のテキストを毎回配布予定

【参考図書】
書籍:マーケティング・コミュニケーションの「主体」であり「中心テーマ」である「ブランド」については
基礎知識を前提に講義するため、事前に一冊くらいは。
※たとえば、『ブランド―価値の創造』石井淳蔵(岩波新書)など
 

※上記は一部追加・変更となる場合もございます。また、指定テキスト及びケースなどは、別途ご購入頂くもので、授業料には含まれておりません。予めご了承ください。

3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
K.I.T.院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
ゼミ指導Pickup(詳細へリンク)
ゼミ指導Pickup
深い議論と発表の繰り返しが
専門性と実践力を高める。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2018年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン