スポーツマネジメント講座不祥事事例から学ぶ『スポーツガバナンス』■日時 : 平成29年 11/24, 12/1, 11/8(金)19:00~20:30■場所 : 金沢工業大学大学院 虎ノ門キャンパス■参加費 : 10,000円(全3回分)■申込期日 : 11月21日(火)

概要


2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、スポーツに注目が寄せられています。他方で、トップアスリートによる違法賭博や暴力事件、ドーピング、八百長関与のほかスポーツ競技団体自身の不正経理や役員間の紛争など不祥事も取りざたされています。こうした不祥事は、当該スポーツを統括するスポーツ競技団体のマネジメントの問題としてスポーツ競技団体自身が非難を受ける対象となっています。スポーツ競技団体を取り巻くファンやスポンサーなどステークホルダーにも大きな影響を与え、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け普及・強化活動を行うスポーツ競技団体に大きな支障となります。 こうした不祥事を未然に予防し、スポーツ競技団体の健全な運営を図るものとしてスポーツガバナンスの重要性が指摘され、その取り組みが始まっています。日本がスポーツ先進国としてその地位を確立するためには、スポーツ協議団体に所属する役職員や指導者そして選手に至るまで、スポーツに関与する幅広い層の方々が、スポーツガバナンスへの理解を深めることが急務となります。 本講座では、スポーツガバナンスの基礎について、基本的知識の習得と、参加者とのディスカッションを通じて、これからの日本のスポーツ界の発展をリードする人材を育成します。



 日 程:  [全3回・金曜] 11/24, 12/1, 12/8

 時 間:  19:00 ~ 20:30 (90分)

 受講料:  10,000円(全3回分)

 場 所:  K.I.T.虎ノ門大学院 (東京都港区虎ノ門1-3-4 愛宕東洋ビル11F)


 受講対象者:  各スポーツ競技団体の役職員、指導者、選手などスポーツ関係者、若手弁護士、

         または上記職業に関心のある方


 

program


●1日目: スポーツガバナンスの基礎
次の基礎知識の修得を目指す。
 ①スポーツと法
 ②スポーツガバナンスの基礎知識
 ③スポーツコンプライアンスに関する基礎知識

●2日目: スポーツガバナンスと競技団体のマネジメント
不祥事事例を前提に競技団体の組織のマネジメントのあり方を、参加者とのディスカッションを交え   検討する。

●3日目: スポーツガバナンス演習
具体的な事例を基にグループディスカッションを行う。

 

講師紹介

大橋 卓生氏

1991年株式会社東京ドームに入社、仕事をしながら独学で司法試験を受験し2004年弁護士登録。現在、虎ノ門協同法律事務所にてスポーツ法・エンタテインメント法を専門とする法律家として音楽や映画、スポーツなどコンテンツ関連の法律問題などに従事するとともに、日本スポーツ法学会の理事、エンタテイメントロイヤーズネットワークや公益社団法人日本学生野球協会の理事、一般社団法人全日本テコンドー協会の専務理事などを務める。

【著 書】

  •「デジタルコンテンツ法の最前線」共著,商事法務研究会,2009

  •「詳解 スポーツ基本法」共著,成文堂,2010

  •「スポーツ事故の法務 裁判例からみる安全配慮義務と責任論」創耕舎、2013

  •「スポーツ権と不祥事処分をめぐる法実務―スポーツ基本法時代の選手に対する適正処分のあり方」

    共著,第一東京弁護士会総合法律研究所研究叢書,清文社,2013

  •「スポーツにおける真の勝利ー暴力に頼らない指導」共著,エイデル研究所,2013

  •「スポーツガバナンス 実践ガイドブック」共著,民事法研究会,2014

  •「スポーツにおける真の指導力ー部活動にスポーツ基本法を活かす」共著,エイデル研究所,2014

  •「スポーツ法務の最前線ービジネスと法の統合」共著,民事法研究会,2015

  •「標準テキスト スポーツ法学」共著,エイデル研究所,2016

  •「エンターテインメント法務Q&A」共著,民事法研究会,2017

  •「スポーツ事故対策マニュアル」共著,体育施設出版,2017

 

お申し込み手順

申込方法
申込書(Webよりダウンロード)に必要事項を記載し、FAX、メール又は郵送にてご返信ください。
※Webよりダウンロードした用紙に記載し電子メールにてお送りいただいても結構です。
振込方法
指定の振込依頼書(Webよりダウンロード)を使用していただき、お振込ください。
※お振込みが確認されないと受講が出来ない場合もありますのでご注意ください。
申込期日
平成29年11月21日(火)締め切り  ※変更しました!
お問い合わせ先
金沢工業大学 C&T研究所 事務局
Tel:03-5777-1964  Fax:03-5777-1965  e-mail:tokyo@kanazawa-it.ac.jp

ダウンロードはこちらから申込書振込依頼書

 

■ 注意事項
(※)本公開講座では、大学院の単位は付与されません。
(※)基本的に3回コースでの受講の為、特定回のみの受講の場合でも、上記受講料を頂戴いたします。