虎ノ門大学院ブログ
2017年06月30日

KIT修了生インタビュー:松木知徳さん(株式会社リクルートマネジメントソリューションズ)

今回は、株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(RMS)のコンサルティング部で活躍されている松木知徳さんのオフィスへ訪問して参りました。松木さんは、38歳の時にK.I.T.に入学され2年間での修了を果たしています。現在は「イノベーション・ファシリテーション特論」のティーチング・アシスタントとして在学生の学びをサポートしていただいております。

Q : まず始めに、松木さんのお仕事内容について教えてください

大学院に在学中の修士研究のテーマである「店舗イキイキモデルの提案」が、社内の新規事業提案制度で採用され、今はその商品開発のリーダーとして働いています。当社は企業にとって重要な経営資産の一つである「人と組織」に焦点をあて、様々な人事・組織の課題と向き合い、コンサルティングやアセスメント、またはトレーニングといった手法を用いて、企業の課題解決を支援しています。

ちなみに、当社の採用ページでも私のインタビュー記事が掲載されています。こちらでも仕事と大学院の両立について触れていますのでぜひご覧ください。

Q : 社会人大学院への進学のきっかけは何でしょうか?

31歳のとき生命保険業界からRMSに転職しました。当初3年間はコンサルタント職に就いていましたが、特定の専門分野だけではなく、幅広い領域について視野を広げ、クライアントのお手伝いがしたいと考え、営業職へ異動願いを出しました。営業の仕事では、社内の様々な専門家と協働する機会に恵まれました。そこで気づいたのは、クライアントの課題を解決する方法はひとつではなく、多様な観点からアプローチすることが時に必要であるということでした。

2年半ほど営業を経験した後、38歳の時にコンサル職へ戻ることになりました。コンサルタントとしてクライアントに価値を提供するには、自身の視野視界を広げ、知識やスキルを磨く必要があると強く感じていたところ、日経新聞が主催する【MBA EXPO】というイベントに参加し、企業戦略・ファイナンス・マーケティング・人事組織など多様な領域のエキスパートから学べることを知り、社会人大学院への挑戦、K.I.T.への入学を決意しました。

Q : K.I.T.在学中の一番の思い出は何でしょうか?

タイムマネジメントが一番大変でした。入学前は仕事の都合で夜遅くまで働く日もありましたが、大学院に通うとなると繁簡に関わらず19時から始まる講義のために仕事を切り上げなければなりません。職場や上司の理解は得ているものの、仕事の品質を落とす訳にはいきませんので効率的な仕事の進め方を常に意識し、業務スピードを向上させる必要がありました。また、講義の準備にも大きなパワーが必要でした。アマゾンで注文した参考図書が毎日山のように自宅に届くのですが、それらに目を通すだけでも大変です。事実、消化不良を起こしてしまう科目もありました。

一方、K.I.T.の良いところは、自身のビジネス上のテーマを講義に持ち込み、具体的な解決策を考えることができる点です。指導教員はトップコンサルタントや有名企業の経営層の方々ばかり。実務における自身のアイディアを投げかけ、的確なフィードバックをもらうことができます。これだけ豪華な教員陣から個別にアドバイスをもらい続けられることを考えると、非常におトクな機会でした。

次に、教授、学生同士の関係性の深さです。私は野村恭彦教授の“未来ゼミ”に所属していました。夏休みには石川県の能登で合宿し、相互の絆を深め、研究テーマを磨き合いました。修士研究のテーマに悩んだ時期もありましたが、教授や仲間の支援もあり充実した取組みをすることができました。ゼミとの関わりは修了後も続いています。

Q : 社会人大学院を修了すると、どのようなメリットがありますか?

MBA取得者や大学院修了者の知り合いが増えると、多様な業界やアカデミックな人的ネットワークを手に入れることができます。MBAスクールが集まるイベント(JBCC:日本ビジネススクール・ケース・コンペティション)や学会に参加する機会もあります。また、自身の仕事においても大学院での学びを社内講師として還元する機会や、他部門のメンバーからアドバイスを求められるなど社内外でのフィールドが広がります。最近は後輩から社会人大学院への進学相談を受ける機会も出てきました。会社の後輩の一人はいまK.I.T.で学んでいますよ(笑)

Q : これからのK.I.T.に期待していることや要望は何でしょうか?

人は一度学ぶ習慣がつくと学び続けたい欲求が出てきます。開かれた社会人大学院として、修了後も学びをさらに深めていく機会を提供して頂けると嬉しいです。例えば、博士課程や高度な専門性のあるカリキュラムを充実させれば、更に志の高いメンバーが集まる場になるのではないかと思います。今後は、K.I.T.の強みである「少人数制」の特長を活かして、学生個々に対する丁寧な関わりを続けながらエグゼクティブ層が多く参加できるような実践的なプログラムにも期待をしています。

3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
K.I.T.院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
ゼミ指導Pickup(詳細へリンク)
ゼミ指導Pickup
深い議論と発表の繰り返しが
専門性と実践力を高める。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2018年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン