記事詳細

戻る

国連加盟193国が達成を目指す持続可能な開発目標に貢献する製品・サービスを選定・紹介。
金沢工業大学が日本初となるSDGsプロダクト&サービス51選プロジェクトを設立

2017年12月1日UP

金沢工業大学経営情報学科平本研究室(SDGsイノベーションラボ)では、この度、一般社団法人BoP Global Network Japanと連携し、消費者・学生視点からSDGsの達成に貢献する製品・サービスの選定・紹介を行うSDGsプロダクト&サービス51選プロジェクトを設立しました。

*SDGsとは国連加盟193国が達成を目指す持続可能な開発目標のことです。

第一弾として、12月3日に日本全国から14個のSDGsプロダクト&サービスを消費者・学生視点から選定した「SDGs Product×Service Premium Selection 14」を発刊します。また、併せて、地元の学生おすすめの15のお店や場所を巡りながら、SDGsと日本の文化・伝統・歴史のつながりを楽しむための観光ガイドブック「かなざわで体験すべき15のこと」を発刊します。

発刊イベントとして、「SDGs Product×Service Premium Selection 14」と観光ガイドブック「かなざわで体験すべき15のこと」を無料配布し、さらに掲載商品の一部を紹介・体験できるイベントを12月3日(日)13〜17時に金沢駅東もてなしドーム地下広場で開催いたします。

本プロジェクトの目的は、消費者にとって魅力的な要素を持つとともに、購入・利用を通じてSDGsの達成に貢献できるという特徴を持った製品・サービスの存在を、多くの人々に知ってもらうことです。

従って、本プロジェクトでは、SDGsを認知していない人々に興味・関心を持ってもらえることを重視した情報発信をしていくことを特徴とします。具体的には、情報発信の際に、消費者にとっての製品・サービスの魅力を前面に出し、SDGsと各製品・サービスとの関係性については補足情報に留めます。

第一弾として、12月3日に日本全国から14個のSDGsプロダクト&サービスを消費者・学生視点から選定した「SDGs Product×Service Premium Selection 14」を発刊します。また、併せて、地元の学生おすすめの15のお店や場所を巡りながら、SDGsと日本の文化・伝統・歴史のつながりを楽しむための観光ガイドブック「かなざわで体験すべき15のこと」を発刊します。

「SDGs Product×Service Premium Selection 14」(左)と観光ガイドブック「かなざわで体験すべき15のこと」(右)

今後、全国版で51個、地域ごとに51個のSDGsプロダクト&サービスを掲載できるよう選定を進めていくとともに、SDGsに関する有識者のアドバイスを受けながら、選定内容の見直しを行っていきます。また、英語版も作成することで、外国人観光客に対して各地域の魅力とSDGsに貢献できる日本の取り組みを伝えていきます。

なお、発刊イベントとして、「SDGs Product×Service Premium Selection 14」と観光ガイドブック「かなざわで体験すべき15のこと」を無料配布し、さらに掲載商品の一部を紹介・体験できるイベントを12月3日(日)13〜17時に金沢駅東もてなしドーム地下広場で開催いたします。皆様のご参加お待ちしております。

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは、国連に加盟する世界193か国が合意した17の目標、169のターゲットのことです。貧困等の途上国を中心とした社会課題の解決のみならず、気候変動等の先進国・途上国共通の社会課題の解決について、2030年までに達成すべき目標が設定されており、達成するためには政府・国際機関・民間企業・NGO・学術機関・市民等、様々なステークホルダーのパートナーシップが必要となります。

SDGsの17の目標

BoP Global Network Japanについて

BoP Global Network Japanは、スチュアートハート教授が設立したBoPビジネスに関する世界的な有識者ネットワークBoP Global Networkの日本拠点です。BoP Global Network は世界30か国以上に拠点を有し、バングラデシュのBRAC、フランスのHystra、ドイツのendevaをはじめ、SDGsに関して、各国のハブとなりうる組織が拠点を務めています。BoP Global Network Japan においては、BoPビジネスを含めたSDGsビジネスに関するネットワーク強化、ビジネス立ち上げ支援、啓発活動を中心的な活動として実施しております。

SDGsビジネスアワードに関する過去のニュース

金沢工業大学が、国連に加盟する193国が達成を目指すSDGs(持続可能な開発目標)に貢献する取り組みを開始。取り組みの第一弾として、日本初となるSDGsビジネスアワードを創設

http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2017/0316_sdgs.html

国連に加盟する193国が達成を目指すSDGs(持続可能な開発目標)。金沢工業大学が日本初の取り組みとしてSDGsビジネスアワード2017表彰式・表彰記念パネルディスカッションを東京で開催

http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2017/0516_sdgs.html

国連加盟193国が達成を目指すSDGs(持続可能な開発目標)。外務省主催シンポジウムにおいて、金沢工業大学が日本初の取り組みとしてSDGsビジネスに関する学習・提言から実行計画策定までを1年かけて行うカリキュラムを紹介

http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2017/0606_sdgs.html

金沢工業大学が世界初となる「SDGs×ビジネス×地方創生×産官学連携」のアライアンスを締結。金沢青年会議所、国連大学、JICAと共にSDGsビジネス普及のための共同検討に関する覚書に署名

http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2017/0830_sdgs.html

金沢工業大学が日本初となるSDGsベンチャーエコシステム「SDGs Leaders Kansai」の立ち上げを実施〜SDGsビジネスを創造するワークショップを関西地区の経営者14名とともに推進〜

http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2017/1016_sdgs.html