記事詳細

戻る

タイ・ベトナム・金沢工業大学の学生がチームで白山麓の未来を創造するプログラム。
グローバルフューチャーセッション発表会のお知らせ

2017年9月8日UP

金沢工業大学は、協定大学である泰日工業大学(タイ)、越日工業大学(ベトナム)との連携から、ダイバーシティ環境の中でイノベーションに取り組む教育プログラムを実践しています。今回のプログラムには泰日工業大学から5名、越日工業大学から5名、金沢工業大学から5名の学生が参加し、グローバルチームを編成しプログラムに取り組んでいます。

テーマは、来年2018年3月に完成する白山麓キャンパス近隣にある「白山市白峰地区の未来の姿を創造する」として取り組みました。

不安定な社会情勢の中でイノベーションに取り組んでいくためには、多様な価値観を有する人材が建設的にコミュニケーションを図り、イノベーションに向けた価値創造に取り組むことは、これからの時代を担う学生にとって貴重な経験を積む場となります。

これまで、学生たちは、白峰地区に滞在し、未来の姿を起点にこれから何をすべきかを明らかにする「フューチャーセッション」の手法を学ぶと共に、金沢工業大学が取り組む研究への理解や、白峰地区の現状をフィールドワークし調査するなど取り組んできました。さらに、白峰地区の未来のあるべき姿を実現するためのプログラム開発にも取り組んでいます。

文化や学んでいる分野が異なる学生が、白峰地区の未来の為に、寝食を共にする合宿形式で学び創造した成果の発表を以下の日程にて開催いたします。

グローバルフューチャーセッション成果発表会

日時:平成29年9月10日(日)13時〜15時頃

場所:〒920-2501 石川県白山市白峰ロ9番地

白山市白峰地域交流センター(白峰温泉総湯隣り) 2階 第二研修室

この活動は、国立研究開発法人科学技術振興機構の平成29年度日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)の支援を受けて実施しています。

■これまでの活動の様子

KITでの事前学習

KIT研究所見学の様子

白山比盗_社参拝の様子

白峰地区での合宿の様子