記事詳細

戻る

「危険を知らせるリストバンド」 「位置情報を持った無料傘貸し出しサービス」。
金沢工業大学から2チームが発表。北陸総合通信局による第2回トライアルコンクールマッチングイベント開催

2017年6月7日UP

金沢工業大学の2チームが「G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール」優秀提案として、6月9日(金)13時30分から16時20分まで、金沢工業大学扇が丘キャンパス12号館4階イノベーションホールで開催される総務省北陸総合通信局・北陸情報通信協議会主催の「第2回トライアルコンクールマッチングイベント」でプレゼンを行います。

当イベントは平成28年11月に開催された「G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール」での優秀提案をブラッシュアップし、研究成果をプレゼンテーションするもので、金沢工業大学から2チーム、金沢大学1チーム、福井工業高等専門学校1チーム、富山県立大学1チームが発表します。参加費は無料です。

金沢工業大学からは以下の2チームが研究成果を発表します。

■金沢工業大学 徳永研究室

「位置情報を持った無料傘貸し出しサービス〜コンビニアンブレラ〜」

■金沢工業大学 Smart City プロジェクト

「AND(アンド) 〜危険を知らせるリストバンド〜」

また16時30分から18時まで開催される各校研究室のブースにおけるデモンストレーションでは、IoTサービス創出支援事業採択・平成27年度コンクールグランプリになった金沢工業大学の「『賢いバス停』」による見守りサービス」も展示されます。

チラシはこちら>>[PDF]