記事詳細

戻る

夢考房チームが総合1位、全国大会へ。ETロボコン2016北陸地区大会結果

2016年9月20日UP

 


夢考房組込みソフトウェアプロジェクトのチーム「T.K.O」が9月18日(日)、金沢工業大学扇が丘キャンパス多目的ホールで開催された「ETロボコン2016北陸地区大会」アドバンストクラスで総合1位となり、11月16日・17日に横浜で開催されるチャンピオンシップ大会に北陸代表として出場します。


ETロボコンは一般社団法人組込みシステム技術協会が組込みシステム分野において5年後、15年後に世界をリードするエンジニアの育成を目指して開催しているロボコンです。
ロボットは同一の教育用レゴ マインドストームを使用し、UML等で企画設計したソフトウェアがカギを握ります。


チーム「T.K.O」が総合1位となったアドバンストクラスは、黒線で描かれたコースをトレースしながら自律走行する走行タイムと、「ブロック並べ」「ET相撲Neo」という2種類のゲームのゲームタイムと課題をクリアした際のボーナスポイントの合計ポイントを競う難易度が高い競技です。
また「T.K.O」はUMLによるソフトウェアの設計図であるモデル図が評価され、ゴールドモデル賞も受賞しました。



夢考房組込みソフトウェアプロジェクトのチーム「蝉丸」はプライマリークラスで総合2位となり、難所を正確にクリアしたことと、それを裏付けるモデル図が評価され、IPA賞をあわせて受賞しています。