記事詳細

戻る

KITが私立大学8位。上場企業人事担当者から見た大学イメージ調査

2016年6月10日UP

KITステークホルダー交流会の模様 


「日経キャリアマガジン特別編集 価値ある大学2017年版 就職力ランキング」が2016年6月8日に発行され、金沢工業大学は総合ランキングで30位となりました。


当調査は日本経済新聞と日経HRが共同で行った「企業の人事担当者から見た大学のイメージ調査」で、全上場企業を対象に過去2年間(2014年4月から16年3月)の新卒採用において、正社員として採用・入社した実績のある大学を人数の多い順に10大学まで挙げてもらい、挙げた大学について、各大学の「学生のイメージ」(12項目)および「大学の取り組みへのイメージ」(7項目)に関して、あてはまるかどうかを6段階評価で聞いたものです。


金沢工業大学は総合ランキングで30位(昨年は46位)で、私立大学では早稲田大学、慶應義塾大学、立命館アジア太平洋大学、同志社大学、上智大学、立命館大学、東京理科大学に次ぐ高評価となりました。


また東海・北陸では、国公私立大学も含め、名古屋大学、金沢大学、名古屋工業大学に次ぐ順位となっています。

「就職支援に熱心に取り組んでいる」では2年連続で1位となり、「普段の授業でも企業との連携が密であることなどが理由に挙がりました」と記事で紹介されました。


主なランキングは以下のとおりです。
■総合ランキング30位(私立大学8位)
■側面別ランキング
「行動力」10位
「対人力」20位
「独創性」22位

■大学の取り組みランキング
「就職支援に熱心に取り組んでいる」1位
「授業の質の改善に熱心に取り組んでいる」3位
「学業指導に熱心に取り組んでいる」6位
「地域の産業・文化に貢献している」7位