記事詳細

戻る

金沢工業大学が新潟県と学生U・Iターン就職促進に関する協定を締結

2015年12月25日UP

KIT金沢工業大学と新潟県は学生U・Iターン促進に関する協定を締結しました。協定調印式は12月22日(火)に新潟県庁で行われ、石川憲一学長と泉田裕彦新潟県知事が協定書に調印しました。学生Uターン就職に関して金沢工業大学が都道府県と協定を締結するのは、2015年4月の長野県との協定締結につづき2件目です。

金沢工業大学では、新潟県出身の学生は石川県・富山県につづき3番目に多い県です。今年度より就職支援として、新潟行きの高速バス(金沢駅〜新潟万代シティバスセンター、北陸鉄道バスの指定便)利用時に補助を行なっています。

このたびの協定は、金沢工業大学と新潟県が相互に連携・協力し、学生に対して新潟県内の企業情報等を提供するなど就職活動を支援することにより、新潟県出身学生のUターン就職や新潟県外出身者の新潟県内への就職の促進を図ることを目的としています。

連携事項は以下のとおりです。

(1) 学生及び保護者に対する県内の企業情報、生活情報等の周知に関すること。

(2) 学生のU・Iターン就職に係る情報交換及び実績把握に関すること。

(3) 学内で行なう企業説明会等、企業情報提供イベントの開催に関すること。

(4) 保護者向けの就職セミナーの開催に関すること。

(5) 学生のインターンシップ受入の支援に関すること。

(6) その他学生のU・Iターン就職促進に関すること。