記事詳細

戻る

お店の人の顔もわかり、入りやすくなる。
学生ベンチャー企業「株式会社CirKit」がデジタルサイネージを活用して伏見台商店街をPR

2015年11月16日UP

金沢工業大学の学生ベンチャー企業「株式会社CirKit」では、デジタルサイネージを活用した金沢市伏見台商店街のPRを、11月20日(金)から2016年1月20日(水)まで行ないます。

金沢赤十字病院や、金沢三馬郵便局、北國銀行伏見台支店など5か所に設置されたデジタルサイネージを使って商店街のお店を紹介する動画配信を行ない、利用促進につなげます。

「株式会社CirKit」(代表取締役:メディア情報学科山岸芳夫准教授。参加学生 情報系学生約15名)は、ICTを活用した地域の活性化を目指して2013年4月に設立された金沢工業大学の学生ベンチャー企業です。

学生にとっては、日頃学んでいるICT技術を使い、地域社会のリアルなテーマに事業として取り組む実践的な学びの場となっています。

デジタルサイネージは、伏見台商店街をあまり利用しない人や、金沢工業大学の学生の目に留まるよう、金沢赤十字病院や金沢三馬郵便局、北國銀行伏見台支店など5か所に設置されます。そして飲食店など27店舗を、1店舗あたり約30秒で紹介していきます。営業時間や定休日の基本情報ばかりでなく、店内の様子も配信します。店員や店長の顔が分かることでお店に入りやすくなり、商店街の一体感を生み出すことも期待されます。

■配信予定期間

11月20日(金)〜2016年1月20日(水)

■広告配信場所

・金沢赤十字病院 金沢市三馬2丁目251 *病院所有のディスプレイを使用

・金沢三馬郵便局 金沢市三馬2丁目248

・北國銀行伏見台支店 金沢市久安2丁目345

・業務スーパー三馬店 金沢市三馬3丁目234

・cut salon place 金沢市三馬2丁目238