記事詳細

戻る

野々市市の2040年の姿を市民が考える!
ののいち創生市民フォーラム「日本一楽しいまち・野々市市」を実現する

2015年7月1日UP

KIT金沢工業大学は、平成27年3月に野々市市より「野々市市まち・ひと・しごと創生に係る人口分析基礎調査業務」委託を受け、野々市市内における人口分析調査をおこなっています。

日本が「人口減少時代」といわれる中で、野々市市は人口増加を続けている全国でも数少ない都市ですが、国立社会保障・人口問題研究所の推計では、野々市市の人口は平成52年(2040年)には58,567人をピークに減少に転じると言われ、65歳以上の人口は現状の約2倍となるといわれています。

そこで、このたび調査分析結果の一部を市民に公開し、現状の市内の町別・校区別の人口構成や人口移動状況を報告し、それらのデータから将来(2040年)の野々市市のあるべき姿を市民が考え、その実現にむけてアクションを考えるフューチャーセッションを以下の通り行います。

<ののいち創生市民フォーラム> 「日本一楽しいまち・野々市市」を実現する

日時: 平成27年7月25日(土) 13時30分〜16時

場所: 12号館アントレプレナーズラボ1階

内容: 13:30〜 挨拶

13:40〜 フューチャーセッション

○ オリエンテーション

○ 中野淳教授(金沢工業大学 情報工学科)による野々市市内の町別・校区別人口構成・人口移動の現状分析

○ 未来思考グループディスカッション

○ 発表

フォーラムの詳細は以下のwebページをご覧ください。

http://www.kanazawa-it.ac.jp/prj/forum_nonoichi2015.html