記事詳細

戻る

夢考房ソーラーカープロジェクトがオーストラリア縦断のレース「Bridgestone World Solar Challenge 2015」で約3,000kmを完走

2015年10月25日UP

KIT金沢工業大学 夢考房ソーラーカープロジェクトが、参戦していたオーストラリア大陸縦断レース「Bridgestone World Solar Challenge 2015」で約3,000kmを完走し、10月24日にゴールしました。

Bridgestone World Solar Challenge 2015は、オーストラリア大陸をソーラーカーで縦断し、スタートのダーウィンからゴールのアデレードまでの約3,000kmを走破しタイムを競うレースです。

夢考房ソーラーカープロジェクトは「つくれるものは、すべて自分たちでつくる」ことをポリシーに、車体やモータにいたるまで学生が開発しています。World Solar Challengeには、過去1999年、2001年、2013年に参戦しており、1999年には世界5位、日本チームトップでゴールしています。2年前の2013年に12年ぶりにチーム初の四輪車両で参戦しましたが、電装品のトラブルや暴風の影響で大幅なタイムロスをし、目標としていた完走を達成することができませんでした。

今回の大会で、夢考房ソーラーカープロジェクトはチャレンジャークラスに参戦。車体は前回大会に出場したGolden Eagle 5に改良を加えたGolden Eagle 5.1を使用しました。10月18日にオーストラリア北部のダーウィンをスタートし、10月24日に南部のアデレードにゴールしました。チャレンジャークラスでは、全29チーム中20チームが完走、夢考房ソーラーカープロジェクトは18番目のゴールでした。

【関連サイト】

夢考房ソーラーカープロジェクト

Bridgestone World Solar Challenge