記事詳細

戻る

夢考房ロボカッププロジェクトが日本ロボット学会賞受賞。人間の目に近いかたちでロボットが色を識別

2015年5月11日UP

夢考房ロボカッププロジェクトが5月2日から4日まで、福井県で行われたロボカップジャパンオープン2015で日本ロボット学会賞を受賞しました。

 

ロボカップは自律移動型ロボットによる競技会です。「西暦2050年までに、人間のワールドカップサッカー優勝チームに勝てる、自律移動のヒューマノイドロボットのチームを作る」ことを目標に掲げています。

 

夢考房ロボカッププロジェクト(チーム名WinKIT)は中型ロボットリーグテクニカルチャレンジ1位となり、中型ロボットリーグ実行委員会からの推薦を受け、日本ロボット学会賞に選ばれました。

 

受賞したタイトルは「パーティクルフィルタによる色認識のパラメータ調整 の自動化」。
パーティクルフィルタを使って、ロボットが人間の目に近いかたちでコートの色やサッカーボールの色が識別できる技術が評価されました。