記事詳細

戻る

身近な人の悩みを聞くスキルを身につける、野々市市民カウンセラー養成講座を開講します

2014年8月27日UP

金沢工業大学心理科学研究所(代表 塩谷亨/金沢工業大学 大学院心理科学研究科 臨床心理学専攻 教授)では、このたび、野々市市で1万人の市民カウンセラー育成をめざす「野々市市民カウンセラー養成講座」を10月14日(火)より計6回の日程で開催します。参加費は無料です。

 

悩みを持った人が相談しやすい身近な人の傾聴スキルを高め、
地域の癒し力を高める初の試み

 

人々が悩んだ時に専門家に相談することは非常に少ないのが現状です。内閣府の自殺対策に関する意識調査でも、相談相手として専門家が選ばれることはほとんどなく、専門家や公的な相談窓口が利用されていない現象は、「サービスギャップ」と言われています。

一方、相談相手に友人が選ばれるケースは多く、相談に応じた人がどう対応してよいかわからない場合も少なくありません。

当講座は、地域に「普通に生活している」一般の人々を対象に、市民カウンセラーを養成することを目的としています。「市民カウンセラー」は専門家ではありませんが、人々の相談に気軽に応じ、傾聴することによって、相談を持ちかけた人々の心の癒しに貢献できます。問題が深刻であれば、それぞれの問題に応じた専門家に委託紹介しつつ、その後も継続的に相談に応じていく役割を持ちます。

野々市市民約5万人のうち、将来的には1万人の市民カウンセラー育成をめざします。

 

県内唯一の臨床心理士養成大学院、金沢工大大学院心理科学研究科の教員と大学院生が講師

 

金沢工業大学 大学院心理科学研究科 臨床心理学専攻は、石川県で唯一の臨床心理士養成大学院です。当大学院の教員と大学院生が講師となり、計6回のプログラムで、傾聴の仕方や、無料相談窓口など専門機関へのつなぎ方などを実際の相談場面を想定した体験形式で学びます。

 

当事業は平成25年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)採択プロジェクト「地域志向『教育改革』による人材育成イノベーションの実践」の一環として実施されます。

 

野々市市×金沢工業大学 連携事業

【野々市市民カウンセラー養成講座について】

■開催期日

開催日 場所 内容
1回 10月14日(火) 野々市市情報交流館カメリア ・開講式
・オリエンテーション
・塩谷教授による講義
2回 10月21日(火) 金沢工業大学12号館1階 ・傾聴訓練T
・役割演技ワークショップ
3回 10月28日(火) 金沢工業大学12号館1階 ・傾聴訓練U
・役割演技ワークショップ
4回 11月11日(火) 金沢工業大学23号館1階 ・社会資源、相談窓口の紹介
・役割演技ワークショップ
5回 11月18日(火) 金沢工業大学12号館1階 ・修了式
6回 11月25日(火) 金沢工業大学12号館1階 ・フォローアップ研修

※時間は、13:30 〜15:30です。

※1回目、5回目は、開講式、修了式を実施いたします。

1〜5回の連続講座となっております。6回目のフォローアップ研修は自由参加。

■参加費:無料

■対象者:野々市市民または野々市市内に通勤・通学している方(定員30名)

■申し込み・問い合わせ先:

金沢工業大学 産学連携推進部 連携推進室 川本・中山:294-6740

野々市市 健康福祉部 福祉総務課 障害福祉担当 竹内・小寺:227-6063

(申し込み受付は終了しました)

 

詳細・受講申込書はこちら>>[PDF]