記事詳細

戻る

加賀市と包括連携協定締結

2014年3月27日UP

学校法人金沢工業大学と加賀市との包括連携協定の調印式が平成26年3月27日(木)午後2時から加賀市役所で行なわれ、金沢工業大学泉屋利郎理事長と加賀市の宮元陸市長が協定書に調印しました。

 

 

「学校法人金沢工業大学と加賀市との包括連携協定」の概要

  

包括的な連携のもと、双方が有する人的資源の交流と、知的・物物的資源の有効活用を図りながら、幅広い分野で協力・協同し、地域社会の発展と人材育成に寄与することを目的とし、次に掲げる事項について協力します。

 

(1)産業の振興に関する事項

(2)まちなみ景観・自然景観の向上に関する事項

(3)まちづくり活動の推進に関する事項 

(4)教育・文化・スポーツの発展と振興に関する事項

(5)自然環境の保全と生活環境の向上に関する事項

(6)災害・防災対策に関する事項

(7)その他両者が必要と認める事項

 

 

 

なお金沢工業大学は自治体との間でこれまで下記のような協定を締結しています。

・2004年11月9日 野々市市と連携推進に関する協定を締結

・2009年3月26日 金沢市と連携に関する協定を締結

・2011年9月1日 野々市市と災害及び防災対策に係る連携協力協定を締結

・2013年5月9日 白山市と学校法人金沢工業大学との包括連携に関する基本協定と、

基本協定に基づく災害・防災対策に関する事項に係る実施協定を締結

 

 

金沢工業大学はこれからも「無くてはならぬ大学」として社会に広く認められるよう不断の努力を続けてまいります。